画像は株式会社幻冬舎ウェブサイト「書籍詳細: 食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ」より

写真拡大

 本サイトでも既報のように、20万部超のヒットとなった『食べものだけで余命3か月のガンが消えた 全身末期ガンから生還した、私のオーガニック薬膳ライフ』(高遠智子/幻冬舎)に虚偽・経歴詐称疑惑がもちあがっている。

「週刊新潮」(新潮社)6月19日号では、著者の高遠智子氏がかかっていた「スキルス性の卵巣がん」という病気が存在しないという指摘を受け、続いて「FLASH」(光文社)7月15日号でも「本に書かれていた放射線治療法が医学的にありえない」という疑問が投げかけられた。さらに「FLASH」では、パリ・リッツホテルの料理教室に4年通い、北京中医薬大学の薬膳専科に1年間留学していたという高遠氏の経歴がいずれも現地の記録になく、詐称の可能性があることも報じられた。

 がんという生死に関わる問題で、虚偽の経歴と虚偽の体験談をでっちあげ、自分の薬膳料理を喧伝していたとしたら、著者の行為はきわめて悪質だといわざるをえない。

 もちろん、版元の幻冬舎の責任も重大だ。幻冬舎といえば、カリスマ編集者の見城徹氏が1993年、角川書店を退社し設立した出版社だが、設立以降、毎年のようにベストセラーを生み出し、今では小学館や講談社とも肩を並べるほどの存在になっている。そんな大手出版社が詐欺商法まがいの出版物を出していたとしたら、それこそ信用問題にかかわるだろう。

 しかし、この問題ではもうひとつ、責任を追及されるべきメディアがある。それはテレビ朝日の朝の情報番組「情報満載ライブショー モーニングバード!」だ。同番組は『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』発売から1ヶ月後の6月6日に「週刊人物大辞典」というインタビューコーナーで、著者の高遠氏を大々的に紹介。その売れ行きに大きく貢献しているのだ。実際、書店のデータを見ても、同書は「モーニングバード」放映を境に売れ行きが倍増している。

 佐村河内氏のゴーストライター騒動では、ブームの火付け役となったNHKが検証番組を放映しておわび。同氏を紹介した民放各局も軒並み謝罪をする事態となった。だとしたら、虚偽記述や経歴詐称がもちあがっているこの『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』についても、テレビ朝日は一刻も早く、放送番組審議会などで論議し、その真偽を視聴者にきちんと説明すべきではないだろうか。

 だが、おそらくテレビ朝日の放送番組審議会がこの問題を取り上げることはないだろう。なぜなら同審議会の委員長は『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』の版元である幻冬舎の見城徹社長だからだ。

「テレビ朝日が幻冬舎の本の疑惑を検証することなどありえない。むしろ、最近のテレビ朝日は幻冬舎とべったりの関係で、同社の宣伝装置と化しているんですから」

 こう話すのは、当のテレビ朝日関係者だ。実際、見城社長が同局の放送番組審議会の委員になった2003年以降、幻冬舎とテレビ朝日の関係は非常に緊密になっている。「モーニングバード」には幻冬舎取締役で見城氏の右腕といわれる舘野晴彦氏がコメンテーターとして出演。同番組や昼のワイドショー「ワイド!スクランブル」ではやたら、幻冬舎の本やその著者が取り上げられるようになっているのだ。

 たとえば、『置かれた場所で咲きなさい』は12年4月の発売だが、翌5月の「ワイド!スクランブル」に著者の渡辺和子氏が出演している。岸惠子が幻冬舎から小説『わりなき恋』を出版した際も、13年3月29日に「モーニングバード」、4 月3日に「ワイド!スクランブル」と、両方でインタビューを受けた。『人間にとって成熟とは何か』も著者の曽野綾子が13年10月29日の「モーニングバード」と10月30日の「ワイド!スクランブル」に立て続けに登場して、本を紹介するパブリシティを展開した。最近も14年5月15日に、ヒット中の『しない生活 煩悩を静める108のお稽古』著者の小池龍之介が「モーニングバード」に、同年6月27日には『ビビリ』を出版したEXILEのHIROが出演している。

 しかも、これらのほとんどは、人物密着やロングインタビューという形で、放映時間も長く、かなり大々的に本のことを紹介しているのだ。大手出版社の営業担当も苦々しげにこう語る。

「とにかくテレビ朝日での幻冬舎本の取り上げられ方はちょっと異常です。最近は、発売直後に「ワイド!スクランブル」「モーニングバード」に紹介させて、弾みをつけるというのが幻冬舎の本の売り方のパターンになっている」

 今回、虚偽記述と経歴詐称が問題になっている『食べものだけで余命3か月のガンが消えた』もまさにこのパターンで、「モーニングバード」に取り上げられた。

 こうした番組での大々的な宣伝の裏に見城社長の直接的指示や圧力があったかどうかはわからない。だが、少なくとも見城社長がテレビ朝日の番組に大きな影響力をもち、最高幹部である早河洋会長、吉田慎一社長とも深い関係を築いているのはまぎれもない事実だ。しかも、見城社長はそのテレビ朝日の幹部と一緒に、二度にわたって意外な人物と会っているのだ。その人物とは、現首相の安倍晋三である。

 いったい、どういうことか。詳しくは、次回の記事で迫ってみたい。
(小石川シンイチ)