【アニメ】「まじもじるるも」第3話「魔法少女?鯨井棚子」ネタばれ注意)

写真拡大

●魔法少女対決

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©渡辺航・講談社/まじもじるるも製作委員会
<キャスト>
るるも:三森すずこ
柴木耕太:高橋信
チロ:福圓美里
柴木の母:能登麻美子
鯨井棚子:遠藤ゆりか
先輩:間島淳司
福助豆男:山本和臣
床田広:森嶋秀太
井上澄子:石上静香
下村雅子:高橋未奈美
泉強子:白石真梨
沢下真綾:長妻樹里
西野宏司:下野紘
菅原始:石谷春貴
桜井和葉:小林裕介
飯田さん:櫻井浩美
ハルリリ:高森奈津美

●ストーリー
学校一のスケベ男として女子から総スカンを食らってる
柴木のもとに送られてきた魔法のチケット。

それは、魔女から修業魔に格下げされた
るるもの人間界での修業のためのものだった。

るるもの修業(と自分の欲望)のために
魔法のチケットをじゃんじゃん使うと宣言した柴木だったが、
実はチケットは彼の寿命そのものだったのである。
●オープニング
柴木耕太「本当だな、西野?」
西野宏司「男子更衣室のこのロッカー、使用不可になってるけど女子更衣室と繋がってるんだって!」


但し、授業中のため女子更衣室には誰もいないはず。そしてロッカーの隙間から女子更衣室を見てみる柴木耕太。そこには、

るるも「遅れる。」

着替え中のるるもが!もちろん下着姿!

柴木耕太「るるも!」
西野宏司「何!見せろよ!」

柴木耕太、西野宏司に目潰し!
●働く少女、るるも
もちろんバレて職員室でお説教ですが、辛うじて誤魔化した柴木耕太。

西野宏司「さっき見えたのは何だったんだ?」
柴木耕太「るる…、妹だった!」
西野宏司「何!妹!」


もちろんるるもの記憶改竄魔法による擬似妹状態。しかも自宅では母の厳しい監視があるため生殺し!

昼、学生食堂にやってきた柴木耕太達。

柴木耕太「A定食…。」
るるも「いらっしゃいませ…。注文、何?」
柴木耕太「実物だったのか!何やってるんだ!」
るるも「仕事。」

学生食堂でアルバイトをしているるるも。しかしながら、あまりのドジっ娘ぶりに食堂は大パニック!

柴木耕太「何でここで働いているんだ?」
るるも「魔界で働かない者は石にされる。それに、自分へのいましめ。」

るるもの言ういましめとは一体…。
●魔法少女?鯨井棚子
るるも「じゃがいも、じゃがいも、じゃがいも、じゃがいも…。」

体育館裏の倉庫で学生食堂の開店準備をしているるるも。そこにはFHKの部長が怪しげな儀式をしています。その内容をあっさりと見抜くるるもをスカウトしようとするも…。

ちなみに学生食堂では相変わらずのドジっ娘ぶりで役立たずのるるも。

※そこまでして働く彼女のいましめとは?

先輩「FHKに新入部員がやって来る事になった。」

その新入部員とは、1年の鯨井棚子。女子部員でしかも今年の1年で一番の美少女と評判!但し、入部条件付き。その条件とは、

鯨井棚子「私、魔法使いなんです!」

もちろん彼女は魔法は使えるわけも無く、全て力任せで魔法を使ったと強引に主張するも、

るるも「今のは魔法じゃない。お前も分かってるだろう。」

※屋上で洗濯していたみたいです。

鯨井棚子「貴方、魔法少女対決しましょう!」

翌日、魔法対決!とは呼べない御粗末なもの。しかも全て惨敗の鯨井棚子。

鯨井棚子「見て!」

屋上の手すりを歩く鯨井棚子。

柴木耕太「るるもは妹なんだ!」

屋上から落下する鯨井棚子。それをチケットの魔法で救う柴木耕太とるるもですが…。鯨井棚子の意中の人はFHK部長だったというオチ!
●いましめ
そう言えばるるものいましめとは、少し前に買って貰った可愛い服の事のようです。

るるも「いましめだ。」

「まじもじるるも」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「まじもじるるも」第2話「同棲時代 るるもと耕太」ネタばれ注意)
【アニメ】「まじもじるるも」第1話「魔法のチケット」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「まじもじるるも」TVアニメ公式Webサイト
「まじもじるるも」AT-X公式Webサイト