日本代表新監督にアギーレ氏内定

写真拡大

 日本代表新監督に元メキシコ代表監督のハビエル・アギーレ氏が就任することが決まった。日本サッカー協会の原博実専務理事が24日に都内で行われた理事会後、「ハビエル・アギーレさんと合意しました」と明らかにした。

「選手として1986年のW杯に出ていて、コーチとしても一度出ている。監督として2度出ていて、W杯を4度経験している。非常にジェントルマンで、気持ちの強い人なので、日本の良さも引き出してくれると思う」。原専務理事はそう語り、次期代表監督への期待を述べた。

 アギーレ氏はメキシコ出身の55歳。現役時代にはメキシコ代表として1986年のメキシコW杯に出場。監督としても2002年の日韓W杯、2010年の南アフリカW杯でメキシコ代表を指揮し、いずれもベスト16に進出した。南アフリカW杯後はサラゴサの監督に就任。2012年11月からはエスパニョールを率い、最下位に沈んでいたチームを立て直すと、13位で12-13シーズンを終えた。昨季も14位で1部残留を果たし、今年5月に退任を発表していた。

(取材・文 西山紘平)