あまりにも簡単に旅客機を撃墜できるシステム、ロシアの地対空ミサイル「ブク」

写真拡大

専門家によれば、「SA-11」で旅客機を撃墜するには3日間ほど訓練を受ければ十分だという。ただし、標的を正しく識別するできるようになるには数カ月の訓練が必要だ。

「あまりにも簡単に旅客機を撃墜できるシステム、ロシアの地対空ミサイル「ブク」」の写真・リンク付きの記事はこちら

米政府当局者らは、マレーシア航空17便を撃墜したミサイルは、ウクライナの親ロシア派が戦闘機迎撃用に設計されたロシア製システムを使って発射したものだと考えている。

専門家によれば、このシステムで旅客機を撃墜するには、3日間ほどの訓練を受けるだけで十分なのだという。

問題の兵器は、「SA-11」と呼ばれるレーダー誘導式の地対空ミサイル(SMA)システムだ。このシステムは、旧ソヴィエト連邦が1979年に第1世代のモデルを配備して以来、現在まで利用されている。

ロシアでの名称は「9K37ブーク」(ブク)で、SA-11はNATOコードネーム。輸出もされており、2008年8月のロシア・グルジア武力紛争の際には、ロシアの戦闘機4機がブークによって撃墜された。現在、ロシア軍には「ブークM2」約360基、ウクライナ軍には「ブークM1-2」が約50基あるとされている

4名の手によって操作されるこのシステムは、戦闘機などを迎撃するために設計されており、複数のミサイルを同時に発射できる(同時に6目標を迎撃可能)。距離約32km、高度約22,000mまでの標的を射程内に収めることが可能だ(ひとつのレーダーは、100mの高度で低空飛行をする目標を35kmの範囲内で探知し、それよりさらに低空飛行をする目標をも10-20kmの範囲内で探知できる。また別のレーダーは、32km範囲以内のミサイル、高度15,000〜22,000m以内の航空機を追跡できる)。

このシステムから発射された高性能の近接信管弾頭は、標的に向かって飛んで行き、その標的に到達する直前に爆発するため、最大限のダメージを与えることができる。

TAG

AirplaneMilitaryMissileUkraine

Buk-SAMの内部。Image:Wikimedia

このシステムの操作は簡単だが、「正しく」操作できるようになるには、数週間から数カ月の訓練が必要だという。そしてこの点こそが、そもそもなぜマレーシア航空の飛行機が撃墜されたのかを示す理由のひとつと言える。SA-11の問題は、標的を正確に特定して追跡することが難しいにもかかわらず、ミサイルを簡単に発射できることなのだ。

SA-11のレーダーシステムでは、異なった標的であってもすべて同じように表示される。操縦士が確認できるのは標的の高度、飛行速度、および軌道であり、標的の大きさや種類は確認できないという。

旅客機は、民間航空機であることを示す敵味方識別(IFF)コードと呼ばれる4桁の数字を送信しており、SA-11はその情報を受信できる能力をもつ。だが、飛行機を正しく識別するできるようになるには数カ月の訓練が必要だという。しかし、標的を捕らえてから砲撃するまで、わずか数分しか時間を要しないのだ。

戦略国際問題研究所のアンソニー・コーデスマンによると、ボーイング777を撃ち落とせるように訓練するには、3〜4日間あれば十分だという。理由のひとつは、旅客機が一定の速度と高度で飛行しており、防衛システムをもっていないことだ。しかも、旅客機が飛行する高度は戦闘機より高いため、レーダーで簡単に捕捉することができる。

コーデスマン氏は、銃の射撃にたとえてこう述べた。「引き金を引くのは簡単だ。判断が難しいのだ」

報道によれば、ウクライナ軍報道官は7月23日、同軍の戦闘機2機が、ロシア領土から発射されたと見られる地対空ミサイルで撃墜されたと発表した。2機は、高度1万7000フィート(約5,200m)で飛行していたところを撃墜されたという。

2010年の軍事展示会で撮影されたブーク防空システム(Buk-M1-2)。左から、指揮統制車 9C470M1-2、輸送車兼用起立式レーダ装備発射機(TELAR) 9A310M1-2、輸送起立発射機(TEL) 9A39M1-2。これらが相互にリンクし、探索レーダーが敵を探索し、射撃統制レーダーが敵に照準を合わせ、指揮車が照準や発射などを管理し、発射機がミサイルを発射する。画像と説明はWikipedia

TAG

AirplaneMilitaryMissileUkraine