2011年の原発事故後「初」の原発ゼロの今夏に、電力が足りなくなる恐れがあることの認知について

写真拡大 (全10枚)

 楽天リサーチは、夏の節電に関するインターネット調査を実施した。今回の調査は7月9日〜11日の3日間、楽天リサーチに登録しているモニターの中から、全国の20代〜60代の男女1,000人を対象に行った。

 今夏は2011年の原発事故発生以来初の原発ゼロの夏で、原発ゼロで電力が足りなくなる恐れがあることを知っているか聞いたところ、全体の約6割(57.2%)が「知っている」と回答。また、年代別で見たところ、60代の70.0%が「知っている」と回答したのに対して、20代は42.5%となり、年代が高くなるほど、電力不足への関心が高いことが明らかになった。

 2016年から「電力自由化」となり、使用電力の選択肢が広がり、地域の電力会社以外の電力会社から電気を購入できるようになることを知っているかどうか聞いたところ、約6割(60.5%)が「知っている」と回答した。 年代別の回答では、60代の75.5%が「知っている」と回答したのに対して、20代は5割未満となる46.0%が「知っている」と答え、電力自由化は、年代が若くなるほど、関心が低くなる傾向にある。

 夏場の電力消費のピーク(13時〜16時)の電気料金(月々)が現在よりも高くなった場合、20代(54.0%)、30代(53.0%)の半数以上が500円増で「電気の使用を最低限に抑える」と回答したが、50代(31.5%)、60代(34.0%)は約3割という結果になっている。