発表は9月!? アップル、スマートウォッチ関連特許をさらに取得

写真拡大

アップルは米国で、「iTime」という名称のスマートウォッチ・デザインの特許を取得した。リストバンドからスクリーンを取り外せるモデルもある模様だ。

「発表は9月!? アップル、スマートウォッチ関連特許をさらに取得」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルは米国で、「iTime」という名称のスマートウォッチ・デザインの特許を取得した。

この特許(申請日は2011年7月20日、取得日は2014年7月22日)には、「iWatch」として数々の噂が出回った製品に関する多くの詳細な事項が記載されている。

物理的デザインにはさまざまなヴァリエーションがあることが、複数の図によって示されている。リストバンドからスクリーンを取り外して、昔の四角い「iPod nano」のように動作するモデルがある一方で、薄いけれども取り外しできないモデルもある。

タッチスクリーンの内部には、「腕や手首の動きを感知する」ための加速度計とジャイロスコープなどのセンサーが組み込まれている。申請書には使用可能な機能として、GPSとNFC(近距離無線通信)のほかに、振動、「メディアの記憶と再生」、接続した電話の通話を受けたり拒否したりという機能なども記載されている。

iTimeと互換性のある機器として電話、ポータブル・コンピューター、デスクトップ・コンピューターが図入りで説明されていて、iPhone、MacBook、iMacのサポートも示されている(おそらくiPadも含まれるだろう)。

TAG

ApplePatentSmartwatchUSPTOWiredUK

スマートウォッチ市場は、サムスンやソニーなどによる競争に加えて、つい最近発表されたグーグルの「Android Wear」や、モトローラの関連商品などによって活気づいている。

ある調査グループは、2014年のスマートウォッチの出荷は全世界で890万台に達し、2018年までに2億1,400万台に増加するだろうと述べている

アップルはおそらく、いつもの9月のイヴェントを利用して、新型iPhoneやiPadのお披露目と、「iOS 8」の一般利用の開始発表を行うと見られる。このタイミングはアップルにとって都合がいいはずだ。というのも、今週同社が発表した第3四半期業績によれば、iPhoneの売上は非常に好調な数字を示したものの、iPadの出荷数は下落している。これはiPhoneよりiPadの方が、古い機種を使い続けることに対してユーザーの抵抗が少ないことを示唆している。

好調な売れ行きが期待できるクリスマス・ショッピングの時期に向かうなかで、最新タブレットの製品ラインの機能を拡張させる新製品(スマートウォッチ)を発表すれば、状況改善に一役買ってくれるかもしれない。

TAG

ApplePatentSmartwatchUSPTOWiredUK