持ち帰り用商品「元祖トムヤムラーメン」

写真拡大

タイ料理チェーン店「ティーヌン」を運営するスパイスロード(東京都新宿区)は2014年7月19日、看板商品「トムヤムラーメン」が自宅で簡単に作れる持ち帰り用商品「元祖トムヤムラーメン」を発売した。

独自改良したオリジナルスープ

1992年の「ティーヌン西早稲田本店」(東京都新宿区)開店当初から提供している「トムヤムラーメン」は、酸味、辛味、甘味が揃ったタイの代表的なスープである「トムヤムクンスープ」に中華麺を入れた看板メニュー。

タイには「トムヤムクンスープ」に麺を入れる習慣は無く、「トムヤムラーメン」は日本が発祥とのこと。中でもティーヌンのトムヤムラーメンのスープは、日本人の味覚に合うように独自改良されている。持ち帰り用商品では、この味わいを家庭で手軽に楽しむことができる。

内容量165グラム、価格は1パック390円。

関東圏スパイスロードグループ20店舗や、ネット通販サイト「Yahoo!ショッピング」などで取り扱う。