彼氏の「男心」をひそかに傷つけているセリフ9パターン

写真拡大

長い付き合いであっても、女性にはなかなか理解できないのが「男心」。何気ない気持ちでいった些細な一言が、彼氏のプライドを傷つけてしまうケースは少なくないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性136名に聞いたアンケートを参考に、「彼氏の『男心』をひそかに傷つけているセリフ9パターン」をご紹介します。

【1】ちょっとした気遣い不足を責めて「○○君って優しくないね」
「努力を全否定された気がする」(10代男性)というように、常日頃から「優しい彼氏」であろうと努めている男性ほど、「優しくない」の一言にはショックを受けるようです。事細かな気配りだけが「男の優しさ」ではないことを忘れたくないものです。

【2】意見が合わなかったときに「器の小さい男だなあ」
「自分の彼女にだけは言われたくないセリフNo.1」(20代男性)など、「器が小さい」という表現は、男性のプライドを無条件に傷つけてしまうようです。「彼氏として」ではなく「人間として」の評価を下す言葉に聞こえてしまうので、安易に口にするべきではないでしょう。

【3】一生懸命プランを考えてくれたデートの最中に「つまんない」
「その場で解散したくなる」(10代男性)というように、デートを盛り上げるべく奮闘している彼氏に対して、「つまらない」の一言は、あまりに失礼かもしれません。素直な感想だとしても率直に言うのは避け、プラン変更のアイデアを自分から提案してみましょう。

【4】薄くなってきた頭頂部をチラ見して「また抜け毛増えてない?」
「デリカシーがなさすぎる…(涙)」(20代男性)というように、頭髪の状態をストレートに指摘すると、女性が想像する以上に男性を落ち込ませてしまうおそれがあります。気になるなら抜け毛予防シャンプーをプレゼントするなど、対策を応援する姿勢を見せましょう。

【5】デートで食事をしたあとに「今日も割り勘?」
「直に『甲斐性なし』と言われるよりキツイ」(20代男性)など、デート代の割り勘に言及しただけで、「俺を責めてるの?」と思われてしまうケースです。彼氏の財政難を予想できるなら、最初から予算の範囲内でデートを先導するのが無難でしょう。

【6】携帯の連絡に対して「今忙しいから、あとでね」
「軽く扱われている気がしてショック」(10代男性)というように、「今忙しい」とそっけなく返す女性の態度に傷つく男性もいるようです。実際に忙しい場合は仕方がないですが、それでも「ごめんね、終わったらすぐ連絡するね」と付け加えることで、大分印象は変わるでしょう。

【7】スキンシップを求めてきたときに「ちょっと、触らないで」
「彼女に拒絶されるほど哀しいことはない」(20代男性)というように、ハグやキスを拒むことで、彼氏を落ち込ませてしまうパターンです。触られたくないタイミングのときは、「恥ずかしいからダメ」などと上手に退けましょう。

【8】体毛を指さして「濃すぎてキモいよ(笑)」
「実はコンプレックスなんだけど…」(10代男性)など、体毛の濃さを揶揄するような物言いもまずそうです。ことさらに指摘しても恥ずかしい思いをさせるだけなので、「脱毛してあげようか?」と提案するなど、一緒にキレイになる方法を考えましょう。

【9】自分のミスを指摘されたときに「あなたには言われたくない!」
「人格を否定された気になる」(20代男性)というように、彼氏の批判に対して、内容への反論ではなく、「あなたには言われたくない」と切り返すのは、ただの悪口にしか聞こえないでしょう。感情的なケンカの引き金になりやすいので、まず一旦落ち着いて、理性的な対処を心掛けたいところです。

日頃から「優しい彼氏」「寛容な彼氏」であろうと努力している男性ほど、ちょっとした一言に傷つくことが多いもの。「親しきなかにも礼儀あり」を忘れずに、配慮したいものです。(呉 琢磨)

【調査概要】
期間:2014年3月11日から18日まで
対象:合計136名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査