篠田麻里子ブランド倒産、原因は元愛人AKB運営元社長失脚による資金援助切れ?

写真拡大

 7月16日、元AKB48でタレントの篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori(リコリ)」が、7月15日をもって全3店舗を閉鎖すると発表。リコリの運営会社である株式会社リゴレも営業を停止し、自己破産すると報じられた。

 7月16日付帝国データバンク記事によると、「ricori」は10〜20代の女性をメインターゲットとし、婦人服やシューズ、アクセサリー類を販売、それらの監修やデザインを篠田が行っていたという。また、2013年2月に「ルミネエスト新宿店」を出店すると、同年3月には「HEP FIVE店」「心斎橋オーパ店」、同年8月には「博多阪急店」と次々に出店するほか、ネット通販事業も手がけていた。しかし、昨年8月には心斎橋オーパ店を閉店し、HEP FIVE店と統合していた。

 突然の全店閉店の裏には何があったのか。7月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋/7月31日号)は、AKB48の運営会社AKS社長、窪田康志氏の突然の退任が関係している報じている。かねてより、AKS内では窪田氏の放漫経営が問題となっており、業を煮やしたAKSの親会社であるパチンコメーカー京楽が、窪田氏の持つAKSの株を買取り、社長退任を決定したという。窪田氏の問題経営には不透明な資金の流れも含まれ、そのひとつとして、AKSからリゴレへの巨額な貸し付けがあったというのが、「文春」の見立てだ。さらに、窪田氏が篠田のブランドに大金を注ぎ込んだ理由として、かつて同誌が報じたように、2人が愛人関係にあったからとの見方もあるようだ。

 また、24日発売の「週刊新潮」(新潮社/同号)では、ファッション誌の編集者が閉店の理由について「新ブランドを立ち上げる時には、ファッション誌と“コラボ”するのが常識」にもかかわらず、それを怠ったことなどをあげている。また、ルミネエスト新宿店は好立地のためテナント料が高かったことが、経営を圧迫したとも指摘している。

 今回の閉店についてネット上では、「デザイン可愛くないし、値段は高いってそりゃ売れないよ」「(篠田の)私服ダサいのに、ブランド立ち上げることに無理がある」「税金対策のためにとりあえず出店してみたんでしょ」と厳しい声が聞かれる。

●数多いタレントの副業例

 タレントが関与した店舗やブランド運営といえば、1980年代が全盛で、東京・原宿の竹下通りにビートたけしの「元気が出るハウス」や「北野印度会社」、山田邦子の「やまだかつてないショップ」、酒井法子の「のりピーハウス」などの多くのタレントショップが軒を連ねた。

 最近では、はるな愛が、お好み焼き、鉄板焼き、バーの3店舗を経営し、千秋は04年からベビー服メーカーとコラボしたブランドで年商50億円、また12年から始めたパワーストーンの通販ショップも大成功しているという。さらに、神田うのはパンストやウェディングドレス事業で年商100億円レベルとも報じられた。ほかにも、紗栄子はコスメブランドや洋服プロデュース、梨花はライフスタイルショップ、若益つばさはコスメブランド、辻希美は子ども服ブランドをそれぞれプロデュースするなど、多くのタレントが副業で成功している。

 しかし、小倉優子がイメージキャラクターを務めた「焼肉小倉優子」の東京・新宿歌舞伎町店跡にオープンした、楽しんごプロデュースの焼肉店「美味しご」は、13年5月末にオープンするも約3カ月で閉店と報じられた。

「人気タレントの顧客吸引力を活用したタレントショップやブランドは、逆説的にいえば、『タレントの名前に頼らないと商売ができない、商品力などが脆弱な店』といえる。最初は物珍しさで客を集められても、結局、商品やサービスの魅力が弱くては、苦しくなるのは自明。成功しているところは、商品開発やマーケティングにしっかりと労力とコストを注いでいますが、タレントに莫大なプロデュース料やロイヤリティを払っているようなところは、それらがおろそかになりがちです」(経営コンサルタント)

 自らのファッションブランドが閉店となった後、篠田はブログで「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です」と他人事のように書いている。「アドバイザーとして」とあるが、冒頭の帝国データバンク記事では、篠田が「監修・デザイン」となっている。実際には、どのようなかたちで篠田が関わっていたのか気になる。人気下落が囁かれる中、「自分は当事者でなく、外野である」と強調することで、これ以上負のイメージを背負いたくないのだろうか。
(文=本多カツヒロ)