陶器も食品も注目のデザインで登場!表参道ヒルズで「キギ」 ポップアップストア

写真拡大

デザインの分野で幅広く活躍するアートディレクターの植原亮輔さんと渡邉良重さんの2人が、ひとつのクリエイションを1本の「木」にたとえ、「1本ずつ丁寧に木を育て、やがて森にしていきたい」という思いで名付けた「キギ」。その洗練された温かみのあるデザインワークは、国内外でも高い評価を受けているそうで、キギの手がけた商品は文字通り、ぐんぐん成長中!

表参道の新しい情報発信スペース「OMOTESANDO HILLS POCKET(表参道ヒルズ ポケット)」では、7月24日(木)から8月17日(日)の期間、「キギ」のポップアップストアを展開。

アートディレクターの2人によって2012年に設立されたキギは、さまざまなアートデレクションや商品デザインを手がけており、そのジャンルも多彩。例えば、新しく立ち上げたブランド「KIKOF(キコフ)」は、琵琶湖をはじめとする滋賀県の風土と、工芸技術を活かして、現代のライフスタイルに合った伝統工芸品づくりをめざしていこうというプロジェクトから生まれたもの。八角形をベースにした信楽焼の陶器シリーズは、やわらかな色彩とシャープなラインがモダンな印象。

また、沖縄のプロジェクト「琉Q(ルキュー)」の商品も、沖縄の海水塩やウコン、アセロラジャムやパッションフルーツバター、島唐辛子を使った調味料のコーレーグースなど、地元ならではの商品がシンプルでおしゃれなパッケージに包まれて登場。さらに、「おやつキング」の発酵おやつも。

これらの、キギがデザインを手がけた商品のほかに、2人が長年携わってきた「D-BROS」のプロダクトや作品集などの書籍も販売予定なので、そのクリエイティブワークに興味がある方にもオススメ。

2人のアートディレクターが織りなす世界を、期間限定で楽しんで!