写真提供:マイナビニュース

写真拡大

7月18日から上質なレストランの特別メニューを定額料金で提供する「ジャパン・レストラン・ウィーク2014 サマープレミアム」が開催されている。明治の文豪もひいきにしたという、神楽坂の老舗料亭「うを徳」の女将、萩原かをるさんに「レストランデートで気をつけたいこと・日本料理店で知っておいたほうがいいマナー」を教えてもらった。

――高級なお店をリーズナブルな金額で利用できるせっかくの機会とはいえ、行く際は緊張してしまう人も多そうですね。例えばこちらのような会席のお店へ行くときなど、気をつけたほうがいいことは何でしょうか。

私が大切に思うのは会う方の「会席」を意識することです。個室ですし、人さまに迷惑がかからなければ、細かいお作法はあまり関係ありません。一緒に居る人と楽しく食べることが大事。相手とのコミュニケーションが必要ですが、お店とのコミュニケーションもできたらいいですね。わからないことがあったら事前に何でも聞いてもらえればアドバイスできますし、それこそ玄関の入り方から聞いていただいていいんです。

――お店の人がアドバイスしてくださるのは心強いですね。玄関の入り方でのポイントはありますか。

実は玄関に入るときが一番大事です。皆さん靴を脱ぐとき、1回後ろを向いてお店の人におしりを向けて靴をそろえたりしますが、それは失礼です。上司の家に行くときなどはそういう気遣いも必要かもしれませんが、お店では、前を見て入って、挨拶をしてそのまますっと上がって、靴をお願いしますと言うのが一番かっこいい。特にデートなんかでは女性に「いいんだよ、靴はそのままで」ってこそっと言ってあげて、男性がスマートに入っていったら、女性も「素敵だな」って思いますよね。

――スマートに入店するためのコツなどはありますか。

履物の種類は大事で、特に、ブーツは畳のお店にはNGです。男性から女性に、行くお店はサプライズで内緒にしていても「ブーツじゃないほうが良いかもね」と事前に言ってあげたほうがいいです。一番の理想はスッと脱げるパンプス。女性が何も知らずにお店に連れて行ってもらって「あ、ここは上がるお店なのに脱ぎにくい靴を履いてる! 」って思ったら、一生懸命もぞもぞ脱ぐより、素直に「私ちょっと時間がかかります」って断ってしまったほうがスマートです。男性の靴も脱ぎ履きしやすいものがいいです。

行くお店にあわせたTPOは大事で、繊細な料理を食べに行くのに香水をしっかりかけていっては周りもああ…って思いますよね。また、男性のお客さんによく言ってさしあげるのは、座るのならしわにならない素材のズボンをはいてきた方がいいですよ、ということ。麻のものなどはしわくちゃになってしまいます。あとは、雨の日には替えの靴下を持っていくとか。そういうのもちょっとした心遣いですね。

――部屋で気をつけたほうが良いことはありますか? 入る順番、上座下座などはいかがでしょうか。レディーファーストに気を遣ってなど……

レディーファーストで女性を上座に座らせるのはいいのではないでしょうか。相手のためを思ってやる心遣いは素敵ですよね。上司部下などの関係じゃない席で、そこまで気にすることはありません。

部屋の中のマナーとしては、「部屋の中のものを勝手に触らない」というのは大事です。棚や飾りの調度品だけでなく、例えばクーラーなどもそうです。もちろん使っていただいて大丈夫なんですが、一声かけたほうがいいですね。

――読者の方にアドバイスをいただけますか。

分からないことや、疑問に思うことは、聞いてしまった方がスマートです。緊張していても、不安を減らして慣れていくことはその場を楽しむために大事です。料理の味もしっかり楽しむことができます。でも、相手のいる会食だったら細かいことは気にせずに、やっぱりコミュニケーションを一番大切にしていただきたいですね。

○気になっている人を誘うきっかけに

また、ジャパン・レストラン・ウィーク実行委員会の瀧 希絵さんはレストランデートについてこう話してくれた。

「高級店に行くのは敷居が高いと感じる方も多いかもしれませんが、ジャパン・レストラン・ウィークは気になっている人を誘う、すごく良い機会になると思います。普段よりリーズナブルな金額なので、それをきっかけに"肩肘張って気合を入れて"というよりは『ちょっとお食事でもいきませんか、いいのがあるんです』っていう誘い方ができるのではないでしょうか。気軽に誘われて、行ってみたらまぁ素敵!!って。ぜひ、そんな風に使ってみていただきたいですね」

なんと、瀧さんの知人にはジャパン・レストラン・ウィークでのレストランデートがきっかけで結婚したカップルもいるとか。同実行委員会が実施した「飲食店の利用実態調査」(n=600、調査期間6月4日〜5日)でも「高級レストランで二人きりで食事をしているときに、異性が普段より素敵に見えた」と女性44.3%、男性41.0%が回答している。

美味しい食事は自然と二人の距離を近づけてくれるのかもしれない。レストランデートでは相手とのコミュニケーションを大事にして仲を深めつつ、その際にはぜひ、"相手への心遣い"でより雰囲気を盛り上げてみていただきたい。

「ジャパン・レストラン・ウィーク2014 サマープレミアム」開催期間は7月18日〜8月6日。関東、関西、札幌、仙台、名古屋、広島、福岡の7エリア13都市、約400店が参加。ランチ2,000円/3,000円(各税・サービス料別)、ディナー5,000円/7,000円(各税・サービス料別)。空席確認・予約は電話または公式Webページから。

※コースの画像は実際とは異なる場合あり

(遠藤摩利江)