頭の中の架空地図をリアルに作成・共有できるツール「Wikia Maps」

写真拡大

商用Wikiホスティングサーヴィス「Wikia」に新たに導入される「Wikia Maps」。現実の地図だけでなく「ファルコン号」のリアルなマップなどを誰でも簡単に作成・共有できる。

「頭の中の架空地図をリアルに作成・共有できるツール「Wikia Maps」」の写真・リンク付きの記事はこちら

非営利サーヴィス「ウィキペディア」の創設者であるジミー・ウェールズが創設した商用Wikiホスティングサーヴィス「Wikia」に、「Wikia Maps」という名前のマッピングツールが導入されることになった。

Wikia Mapsでは、ユーザーが現実の場所や架空の場所のマップを作成し、ほかの人々と共有できる。

筆者がこれまでに見つけた非常に印象に残るものとしては、TVドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の舞台であるウェスタロスや、RPGゲーム『DARK SOULS II』の各フィールドのほか、「ミレニアム・ファルコン」などがある(冒頭の地図)。

ユーザーは、リアルマップとカスタムマップのどちらを作成するか選択できる。リアルマップは「OpenStreetMap」を基にするもので、世界の好きな場所を選択してズームインし、その上にピンを落として独自のマップを作成できる。

カスタムマップを作成する場合、手順はやや複雑になる。パソコンから画像や地図をアップロードすると、ふたつの名前を付けるよう要求される。ひとつは、ほかのユーザーが利用できるテンプレートの名前、もうひとつは自分がいまから作成するマップの名前だ。これができたら、ピンを立てる作業を開始できる。

ピンは、カテゴリ別に種類を分けることができる。Wikiには城や戦場、街、自然の名所などの例が示されているが、冒頭に挙げたミレニアム・ファルコンのマップを見れば、武器や登場人物、整備工、アーマーなどのピンラベルがあるのがわかる。

TAG

InteractiveMapWikipediaWiredUK