「あしたのジョー」を時代とともに振り返る『あしたのジョー、の時代展』

写真拡大

7月20日(日)より、東京・練馬の「練馬区立美術館」にて、伝説的なボクシング漫画「あしたのジョー」の展覧会『あしたのジョー、の時代展』が開催されている。

「あしたのジョー」は、高森朝雄(梶原一騎の別名義)原作、ちばてつやの作画で、1967年から1973年まで「週刊少年マガジン」に連載されたボクシング漫画。恵まれない環境に育った不良少年・矢吹丈がボクシングと出会い、力石徹やホセ・メンドーサとの激闘を繰り返すこの漫画は、連載開始当初から人気を博し、よど号ハイジャック犯が「我々は明日のジョーである」と声明を発表、力石が死亡した際には葬式が行われるなど、社会現象化するほどの大ヒットとなった。

同展は、「あしたのジョー」の作品世界を、ちばてつやによる100点以上におよぶ原画によって構成し、アニメやレコードなど同時代の関連資料から同作のひろがりを紹介。さらに、ボクシングをこよなく愛し「あしたのジョー」に深く関わった寺山修司、自らの肉体と格闘し暗黒舞踏を立ち上げた土方巽、既成の芸術に反し己の肉体によるパフォーマンスをおこなった秋山祐徳太子ら、ジョーと同じ時代の空気を共有した芸術家たちの活動をたどることで、「あしたのジョー」をキーワードにこの時代を振り返る。

『あしたのジョー、の時代展』は、2014年7月20日(日)〜9月21日(日)まで、練馬区美術館(練馬区貫井1−36−16 西武池袋線「中村橋駅」徒歩3分)にて開催。休館日は月曜(祝日は開館、翌日休館)。開館時間は10:00〜18:00。観覧料は一般500円。(文中敬称略)

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです