●白鳩

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©石田スイ/集英社・東京喰種製作委員会
<キャスト>
金木 研:花江夏樹
霧嶋董香:雨宮 天
神代利世:花澤香菜
月山 習:宮野真守
芳村:菅生隆之
笛口雛実:諸星すみれ
笛口リョーコ:折笠富美子
亜門鋼太朗:小西克幸
永近英良:豊永利行
西尾 綿:浅沼晋太郎
四方蓮示:中村悠一
ウタ:櫻井孝宏

●ストーリー
 東京に潜む『絶望』。それは、人々に『死』以上の恐怖を与える怪人――“喰種”(グール)。
 彼らはヒトに紛れ、ヒトを狩り、その死肉を喰らう。食物連鎖の頂点に君臨する“喰種”に怯えながら、人間たちはこの『間違った世界』を生きていた。
 読書好きの大学生・カネキは、行きつけの喫茶店「あんていく」にて、リゼという少女に出会う。年齢や境遇、読書の趣味も同じという事で、急接近する二人だが……

僕は小説の主人公でも何でもない… だけど…もし仮に僕を主役にひとつ作品を書くとすれば ――それはきっと、
“悲劇”だ

『赫子』と呼ばれる捕食器官を用いて人間を襲い、その殺傷能力の高さから「化け物」と恐れられる“喰種”だが、彼らが生きる方法は、ヒトを喰う以外に存在しない。
カネキは、この歪んだ世界に疑問と葛藤を抱きながら、逃れようのない負の連鎖に巻き込まれていく。
●オープニング
芳村「ゆっくり、焦らずに『の』の字を書くように。」

コーヒーの淹れ方を習うカネキ。そのうち上手くなるらしいですが…。

喫茶店「あんていく」にやってきた永近英良。彼はカネキが喰種となった事を知りません。もちろん霧嶋董香が喰種である事も…。
●調達方法
あんていくにやってきた少女、笛口雛実。彼女は母親の笛口リョーコと共に喰種。

霧嶋董香「今日から面倒を見る事になった笛口だ。」

その日の夜、カネキは自殺者のいる場所から死体を回収する仕事をします。

カネキ「これがあんていくで…。」

つまり、あんていくでは自殺者の死体を調達し、喰種に配布しているわけです。
●マスク
芳村「トーカちゃん、明日、彼のマスクを作るのに付き合ってくれないか?」

喰種は喰種捜査官から正体を隠すためマスクを用います。そのためのマスクなのですが…。

霧嶋董香「あのクソ野郎が!」

あんていくに帰ると、カネキはヒナミの食事中の現場を目撃してしまいます。

カネキ「ご、ごめんなさい!」

少し落ち着いたカネキ。再びヒナミと出会うと彼女は高槻泉の小説を読んでいる事に気付きます。共通の趣味を持つ事が分かり、仲良くなる2人。

一見すると平和に見えるあんていくの空間。それは束の間なのは分かっているはずですが…。

「東京喰種トーキョーグール」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「東京喰種トーキョーグール」第2話「コーヒーの味」ネタばれ注意)
【アニメ】「東京喰種トーキョーグール」第1話「喰種になる洗礼」ネタばれ注意)

▼外部リンク

「東京喰種トーキョーグール」TVアニメ公式Webサイト
「東京喰種トーキョーグール」AT-X公式Webサイト