「アナ雪」BDが初週151.4万枚、全映像作品史上最高記録でのスタート。

写真拡大

発売3日(店着初日7月15日〜17日)時点で104.6万枚を売り上げ、Blu-ray Disc(以下BD)では史上初、またDVDを含めた全映像作品でも12年ぶりとなる初週ミリオンを達成していた映像作品「アナと雪の女王MovieNEX」(7月16日発売/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)が、その後も売上枚数を伸ばし、全映像作品を通じて歴代最高となる初週売上枚数・151.4万枚を記録。今週7月28日付けのオリコン週間BDランキング(集計期間:7月14日〜20日)で総合首位を獲得した。

発売初日(店着初日7月15日)にして66.1万枚を売り上げた本作は、ランキング対象ジャンルにあたるBD作品としては、「ヱヴァンゲリオン新劇場版:破EVANGELION:2.22 YOU CAN(NOT) ADVANCE.」(2010年5月発売)の保持していた初週売上記録(35.7万枚)と同・累積売上記録(46.5万枚)を更新し、初日にしてBD作品の「初日売上」と「初週売上」、さらに「累積売上」までの歴代記録を一挙に更新。

これに加えて、発売初週にミリオン突破を同じく達成したDVD「千と千尋の神隠し」(2002年7月発売)が2002年7月29日付けで記録した初週売上140.6万枚を12年ぶりに塗り替える快挙も達成し、ビデオ・LD(レーザーディスク)・DVD・BDを含め、23年8か月の歴史を誇るオリコンの全映像作品ランキング史上に新たな記録を打ち立て、まさに“モンスター級”の大ヒット作品となった。

なお本作は、オンライン予約限定商品として同時発売された「アナと雪の女王MovieNEX プラス3D」も発売初週に3.9万枚を売り上げ、BD総合2位にランクイン。「アナ雪」旋風が巻き起こった同日付BDランキングをワンツーフィニッシュで飾った。