21日放送の「痛快!明石家電視台」(毎日放送)で、明石家さんまがテレビ番組のプロデューサーにいじめられていた過去を告白した。

この日の放送では、ウーマンラッシュアワーがゲストで登場。「何を聞いてもエエねんで」と題したコーナーでは、観客から「嫌いな人は誰ですか?」と、一発目から答え難い質問が飛んだ。

ウーマンラッシュアワー村本大輔は「東京の番組のプロデューサーの人」と答え、自分よりも芸歴が短い芸人がいる現場で若手扱いされたという苦い思い出を披露した。

さんまも、まわりがすべて東京の芸人の中、さんまだけが関西の芸人として行っていた若手時代に、さんまのことを「いわし君」と、わざと間違えて呼んでいた日本テレビのプロデューサーがいたというエピソードを披露した。

さんまは、そのプロデューサーに「さんまです」と間違いを正すも、そのプロデューサーは「そうそう、それでね、“いわし君”」と、徹底して「いわし君」と言われ続けたそうだ。

しかし、2年後にさんまが東京でも売れてきた頃、そのプロデューサーの態度は豹変。テレビ局の廊下で会った際に「さんまちゃーん」と手を振りながら近付いきて、抱き付かれたというのだ。

さんまはそのプロデューサーの豹変振りに驚きながらも「許そうと思った」「こんだけ変わる人っていないやん。あんだけイジメといて手を振ってくるって、すごいなと思った」と、笑いながら語った。

【関連記事】
中川家が暴露した明石家さんまの夜遊びと異常なテンション
明石家さんま、号泣県議に白旗「アイツは俺よりおもしろい」
明石家さんま、サッカーW杯中継に「やめてくれ」 同時刻マッチの途中経過紹介に怒り