『25 NIJYU-GO』より哀川翔

写真拡大

哀川翔の主演映画『25 NIJYU-GO』が、11月1日から全国で公開される。

【もっと大きな写真を見る】

「テレビの放送規定よりも刺激的で、レンタルビデオ店でしか見られない映画を!」というコンセプトのもと、東映ビデオが1989年に立ち上げた「東映Vシネマ」の25周年を記念して制作される同作。主人公の悪徳刑事・桜井役を数々のVシネマに出演し、同作が主演作100本目となる哀川翔、桜井の相棒・日影役を寺島進が演じる。

さらに、温水洋一、小沢仁志、小沢和義、本宮泰風、竹中直人、大杉漣らVシネマで活躍した俳優に加え、高岡早紀、岩佐真悠子、鈴木砂羽、石橋蓮司、嶋田久作、笹野高史、袴田吉彦、木下隆行、井上正大、波岡一喜らが脇を固める。監督は、『今日から俺は!』シリーズや『静かなるドン』シリーズで知られる鹿島勤。

■哀川翔のコメント
Vシネマがなかったら、俺なんか今何やってたかわかんない。一番最高で、主演で10本で助演で12本、年間で320日現場ってのあったよ。自分は25周年記念で呼ばれて今回やってるんですけど、今回いろんなメンバーがこの作品に思いを持ってきてくれてると思う。それぞれの25年ていうのが、個人個人の25が描かれてると思う。だから、そういう作品があがってくるのが楽しみ。それは普通の作品とは違うと思う。呼んでもらっての感謝があるし、恩返しをしたい思いは当然あるけれど25周年はVシネマにとって通過点。でも俺はきっちり「25」という形を残すという歩き方をしていかなくちゃいけないと思う。思いが違うよって。