“足の毛”伸ばし続ける女性達、自然の美しさ追求で処理とはサヨナラ。

写真拡大

世界中の人が利用するインターネットの世界には、気付いた人たちだけが知っているディープなサイトも数多く存在している。中には、ただ広く知られる機会がなくて、ひっそりと続けられている面白い内容のものも少なくないのだろうが、米国の女性が数年前に開設した「Hairy Legs Club」は、最近欧米メディアの間で広く注目を集めて紹介され、話題を呼んでいるという。それは、女性たちが足の毛などを伸ばしている写真を披露し合い、自分たちの考えを主張しているサイトだ。

米ニュースサイトTODAY.comや英紙インディペンデントなどによると、「Hairy Legs Club」は米ボルチモア州に住む29歳の女性“サラ”さんがTumblrに開設したもの。彼女は3年前ほど前、寒くなってズボンを履くようになった時、「必要ないと考えるようになって」足の毛を剃るのを止めたそうだ。

もちろん、彼女は周囲の目に対する「自意識」として、ほかの様々な身だしなみには普通に気を遣っているそうだが、足の毛の処理は「その1つではない」と断言。結婚式など「特別な出来事がある時だけ」は処理をするものの、夫が特に気にするような人ではないとあって、今後も足の毛は「決して剃らない」と話しているという。

そしてサラさんは、世の女性たちにも「自然の美しさとして受け入られるように」訴えようと、足の毛を伸ばす女性たちが集まるサイトを開設。彼女自身は自分の足の写真を出していないというが、サイト内には4年前の日付で紹介された1枚を皮切りに、男性のように毛を伸ばした足の写真を投稿する女性たちが次々に現れ、中には足全体や腋毛を伸ばした姿を写す女性もいるなど、いまでは足の毛のみならず、“ムダ毛”全体の処理をも必要と思わない女性たちも集まっているようだ。

サラさんの考えに賛同する理由はそれぞれのようだが、サイトに集まる多くの女性は、中を見た後に自分の足が「より女性的だと感じられるようになった」と自信を得ている様子。投稿された彼女たちの書き込みを読む限り、何も最初から明確なポリシーがあって毛を伸ばしていたというわけではなく、毛深い体質などといった事情があってきれいな足に見せられないと感じ、ずっと「醜い」「恥ずかしい」といったコンプレックスを抱えていた女性が少なくなさそうだ。

しかしこのサイトを見て、世の中には同じ悩みを抱えた女性がほかにもたくさんいると理解。足の毛が生やしているのは「自分1人じゃない」「恥ずかしがる必要はない」との共感が得られて、自分に対する自信を取り戻している――といったところのようだ。

そして最近、「Hairy Legs Club」は足の毛を伸ばしている女性たちで盛り上がっているとして、多くの欧米メディアによって紹介されることに。その効果はてき面で、続々と新たな投稿が寄せられていて、賛同者をさらに増やしているようだ。