遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第14回】

 7月5日から約3週間かけて行なわれている第101回ツール・ド・フランスは現在、全コースの約3分の2を過ぎたあたり(最終日は7月27日)。そのレースの道程は、平坦なコースから山岳コースまで、様々な顔を持ったレイアウトで構成されている。それらの全工程をゴールまで最短時間で走り切った選手が、栄光のツール・ド・フランス覇者となる。しかし、ツールの魅力はそれだけではない。より楽しく観戦するためのツボを、今回は紹介する。

 現在開催中のツール・ド・フランスをはじめ、複数の日程で行なわれるステージレースでは、日々のステージのコースレイアウトはどれも異なる。レースのオーガナイザー(主催者)は毎年、バラエティに富んだコースを用意し、長いレース期間中には様々なタイプの脚質の選手が、それぞれの持ち味や実力を披露する見せ場がある。

 スプリンタータイプの選手は、標高差の少ない平坦なコースで、パンチの効いたスピード力を発揮する。一方、クライマータイプの選手は、険しい坂道が連続する山岳ステージで、常人にはとても不可能な急勾配をぐいぐいと登ってゆく。

 これらの争いを巧みに演出するのが、総合優勝争いに加え、山岳やスプリント用に設定された賞典・ポイント争いだ。

 自転車ロードレースは、日々の走行時間が4時間から5時間と長く、しかもその時間中には様々な駆け引きも行なわれるため、レースに馴染みのない人々からは、「見どころが分からない」という声をよく聞く。しかし、観戦初心者でも(だからこそ?)、この各賞の意味や意義を理解できれば、競技を愉しく観戦するポイントも見つけやすくなるはずだ。この「レースが面白くなるツボ」を、ツール・ド・フランスに即して説明してゆこう。

 ステージレースの総合優勝は、全日程の総走行時間の最も少ない選手に対して与えられる。長いレース期間中に、この総合優勝争いで首位に立っている選手(=最も総走行時間の短い選手)が、翌日のステージで、『マイヨ・ジョーヌ(maillot jaune/フランス語でイエロージャージの意味)』を着用する権利を得る。

 つまり、ある日のステージで、このマイヨ・ジョーヌを着用して走行している選手は、その時点で彼が総合優勝争いの首位につけている、ということを意味する。そして、最終日のステージが終了した段階で、このマイヨ・ジョーヌ着用の権利を手にしている選手が、その年のツール・ド・フランス総合優勝を獲得する、というわけだ。ちなみに、同じくグランツールのジロ・デ・イタリアでは、『マリア・ローザ(maglia rosa/イタリア語でバラ色ジャージの意味)』が、ブエルタ・ア・エスパーニャの場合は、『ヘルセイ・ロホ(jersey rojo/スペイン語でレッドジャージの意味)』が、総合首位の選手に対して与えられる。

 この総合優勝争いに加え、自転車レースをさらに大きく盛り上げるのが、『山岳賞』の行方だ。急峻(きゅうしゅん)な坂道を誰よりも速く駆け上がり、山岳賞を獲得した選手は、総合優勝と同等の尊敬を集める。

 日々のステージに登場する山岳は、標高差や勾配などの難易度で、超級から1級、2級、3級、4級、と5種類に区分されている。これらの各山岳では、頂点に山岳賞地点が設けられており、そこを通過した順にポイントが与えられる。このポイントは、山岳の等級や選手の到達順で、何位通過までに何ポイントが与えられるかという配分が異なっている。同じ1位通過であっても、4級山岳よりも超級山岳のほうが当然、獲得ポイントは大きい。

 今年のツール・ド・フランスのルールでは、超級山岳の場合、トップ通過が25点で2番手通過は20点と、上位10選手に山岳ポイントが付与されるが、4級山岳の場合はトップ通過の選手に1点が与えられるに過ぎない。この山岳ポイントで首位に立っている選手は、白地に赤色の水玉がデザインされたジャージ、『マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ(maillot blanc a pois rouges)』を着用する。

 難易度の高い超級や1級山岳がいくつも登場する日のステージで、ことごとく頂上の山岳賞地点をトップ通過すれば、かなりの山岳ポイントを荒稼ぎできる。対照的に、極端にフラットなステージで4級山岳がひとつしかない場合は、どれほど後続選手とタイム差が開いていても、獲得できるポイントはわずか1ポイントのみだ。このようなポイント配分の違いがあるために、山岳賞を狙う選手やチームは、山岳ステージに最も力を注ぎ、フラットなステージでは無理せずに取りこぼしが少ない程度の走りにとどめる、という戦略になる。

 クライマー用の賞典が山岳賞であるように、平地のスピードで勝負するタイプの選手用に設定された賞典が、『スプリント賞』だ。日々のステージには必ず中間スプリントポイントという地点が設けられており、そこを最も速く通過した選手から順に、15名の選手が20点、17点、15点、13点......、と順に点数が与えられてゆく。

 また、ゴール地点でも到着順にスプリントポイントが付与される。その点数配分は、山岳賞とは逆に、起伏の少ないステージほど高いポイントが与えられるようになっている。平坦ステージのゴールスプリントは、トップフィニッシャーに45点が与えられるが、山岳ステージの場合は1位でゴールしても20点にとどまる。

 このスプリントポイントを最も稼いでいる選手が着用するのは、グリーンジャージの『マイヨ・ヴェール(maillot vert)』だ。

 これら以外にも、25歳以下の選手を対象とし、その中で最も総合順位が上位の選手に対して与えられる新人賞のホワイトジャージ、『マイヨ・ブラン(maillot blanc)』というものもある。

 長いレース期間中には、これらの華やかな各リーダージャージの行方を巡る攻防があり、各ステージでは選手やチームがそれぞれの思惑をもとに、様々な駆け引きを行なっているのだ。それらの争いに着目すれば、一見、分かりにくく見える自転車ロードレースの見どころは、かなり鮮明に浮かび上がってくるだろう。

 7月19日現在、第14ステージを終えたツール・ド・フランスは、マイヨ・ジョーヌをヴィンツェンツォ・ニーバリ(イタリア/アナスタ・チーム)が、山岳賞のマイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュをホアキン・ロドリゲス(スペイン/チーム・カチューシャ)が、そして最速スプリンターのマイヨ・ヴェールはペーター・サガン(スロバキア/キャノンデール)が着用している。

 ちなみに、これらグランツールでの賞典とジャージを発祥とし、今では様々なレースで同様のリーダージャージが存在している。日本の年間シリーズ戦Jプロツアーでは、総合首位の選手に『ルビーレッドジャージ』という赤いウェアが与えられる。今年は、つい先ごろまでTeamUKYOのリカルド・ガルシア(スペイン)がルビーレッドジャージを保持していたが、チームの欧州遠征に先駆けてスペインへ帰省し、直近の数レースを欠席したため、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)の手に渡った。7月20日に行なわれたJプロツアー第11戦石川ロードレースでは、TeamUKYOのホセ・ビセンテ(スペイン)が独走で優勝を飾ったものの、3位でフィニッシュした増田がルビーレッドジャージを防衛している。

 次回は、これらの賞典を巡るチームや選手間の様々な駆け引きに注目し、さらに自転車ロードレースの奥深い観戦術を紹介していこう。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira