3Dプリンターでアイスクリーム成形に成功(動画あり)

写真拡大

マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生たちが、3Dプリンターでアイスクリームをプリントすることに成功した。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の学生たちが、「クイジナート」ブランドのアイスクリームメーカーと、Solidoodle社の3Dプリンターを改造して、アイスクリームを3Dプリントできる装置を作った。

「3Dプリンターでアイスクリーム成形に成功(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

プリント処理は小型冷凍機の中で行われる。冷凍庫の上にアイスクリームメーカーが取り付けられており、そこから出てくるアイスクリームを、液体窒素で冷却しながら吹き付けて、アイスクリームの形を維持しつつ3Dプリンティングできるようにする。

当然のことだが、この装置の製作で難しかったのは、アイスクリームがアイスクリームメーカーから冷凍庫に送られて、ディスペンサーのノズルから出てくるまでの間、その温度を低温で保つことだった。

そのために学生たちは、アイスクリームが出てくるディスペンサー全体に冷却剤のパイプを沿わせるようにして、液体窒素でアイスクリームを均等にまんべんなく冷却できるようにした。

さらに、3Dプリンターを改造して、プリント台を、本来プリントが行われる空間の外に出す必要があった。ディスペンサーや冷却剤のパイプを3Dプリンター内部に取り付ける余裕がなかったからだ。

初期テストの写真を見ると、アイスクリームは思い通りの形にプリントされる前に溶けてしまい、学生たちはそれを食い止めようと苦労していた。いまでは、多少は途中で溶けてしまうとはいえ、完璧な星の形をつくることができるようになったようだ。

TAG

3D PrintingFoodIcecreamVideoWiredUK