写真提供:マイナビニュース

写真拡大

円谷プロ完全協力のもと、特撮現場の機材・小道具をミニチュア化してリアルに再現した超本格的ジオラマセット『特撮ジオラマ』の予約受付が、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」にてスタートした。

この『特撮ジオラマ』では、1960年代半ばの円谷プロが『ウルトラQ』から『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』を撮影していた時代の現場を円谷プロ完全協力で再現したもの。撮影現場のスタッフへのインタビューや資料をもとに、細かな小道具まで制作し、現代では入手困難な機材も集めて詳細かつ精密に造形。ビルの設計や背景画は、円谷プロダクションの造形部門「LSS(ライトスカルプチャースタジオ)」が担当し、本物志向の逸品に仕上げている。また、付属パーツの機材やビル・背景を組み換えることで自分だけの場面再現が可能で、フィギュア等を飾って特撮世界のジオラマを楽しむこともできる。

合計で8個同梱されている電灯ユニットでは実際に調光が可能で、そのうち4個を点灯させることができる。配置も自由で、建物や背景の照明調整を自分好みに設定可能。照明用の灯体と電球は、昭和時代の撮影現場で使用されていた機材で再現されている。「LSS」が造形を担当したビル・山・書割などは、ホリゾントの背景絵も現場の制作スタッフが描き上げた力作。背景絵のシートを交換することで、晴天・曇天・夕景を表現することができる。

付属の台車には、カメラ(別売り)を取り付けることで、自らの手で創りあげたジオラマの世界を撮影することも可能(デジタルカメラやスマートフォンも取り付け可能)。台車は本物の撮影現場と同様に付属する線路に沿って動かすこともできるため、撮影の臨場感を実際に味わうこともできる。クレーンも同梱しており、実際の撮影現場のように、小物を吊り下げて、飛ばしているようなカットも撮影できる。そのほか『ウルトラマン』科学特捜隊のジェットビートルも付属している。

さらに、特撮技法の解説記事や小道具マメ知識などを収録した豪華付録も同梱。数々のウルトラマンシリーズ作品でキャメラマンを努めた、円谷プロダクション・大岡新一社長のインタビュー記事や特別動画も、商品詳細ページにて公開が予定されている。

商品価格は25,920円(税込)で、予約締切は2014年10月31日23:00。商品の発送は2015年2月を予定している。

(C)円谷プロ