『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』 ©果子電影

写真拡大

永瀬正敏の主演映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』が、2015年1月24日から東京・新宿のバルト9ほか全国で公開。同作の特報映像が公開された。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、日本統治時代の台湾に実在した野球チームを題材にした台湾映画。1929年に誕生した台湾人と台湾原住民による弱小野球部「嘉義農林野球部」の監督に日本人の近藤兵太郎が就任し、近藤によるスパルタ式の特訓を受けた同チームが、台湾予選大会を勝ち抜き、台湾代表として夏の甲子園でプレイするという物語を描く。

主人公の近藤役を演じるのは永瀬正敏。さらに、台湾における農業の発展に大きく貢献した水利技術者・八田與一役の大沢たかお、近藤の妻役の坂井真紀ら日本人キャストが出演している。また、映画『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』の監督であるウェイ・ダーションがプロデュースと脚本に名を連ね、同作が長編デビュー作となるマー・ジーシアンが監督を務める。

特報映像では、上半身裸で野球の特訓をする選手たちや、永瀬、大沢、坂井ら出演者の姿が確認できる。なお、主題歌の“風になって〜勇者的浪漫〜”はRakeが作詞作曲を手掛けており、Rake、中孝介と台湾のファン・イーチェン、スミン、ルオ・メイリンとのコラボレーション楽曲になっている。