12V用と24V用

写真拡大

カー用品を中心に様々な商品を展開するジェーピーエヌ(埼玉県川口市)が2013年に発売した「自動車・船舶用DC炊飯器 タケルくん」が、Amazon.co.jp等のレビューで好評だ。

DC(直流)バッテリーを電源とした電気式の炊飯器で、自動車や船舶のなかでも手軽に炊き立てのご飯が食べられる。

シガーソケット(アクセサリーソケット)の電源を使用することでレジャーや車中泊の場で活躍するというが、果たして使い心地はどうだろう。

車中泊が多い人にも

Amazon.co.jpと楽天市場のレビューをみてみると、

「あっという間に炊けました。ご飯も芯が残ることもなくとても美味しかったです」
「取説にあるように30分で美味しくご飯が炊けました。サイズも小ぶりのランチジャーぐらいなので片手で持って食べられるサイズと重さです」

と、その高性能を実感している人が多く見られた。

自動車や船舶のDCバッテリーには12Vと24Vがあり、両方の電圧それぞれに専用機器が展開されている。

「12Vで使える調理器具というのは本当に便利」と、この点も嬉しい配慮だ。

中には、「キャンピングカーで旅行を始めて12年」「トラックで1ヶ月の大半を生活しています」という人も。「本来タケルくんを購入する前は、1ヶ月の食費が八万円以上掛かったが、今は半額以下の二万円… 本当に助かって居ます」「出先で炊き立てご飯が食べられるのは感動です」と、幅広い人々から支持を得ているようだ。

味の方も「無洗米を炊いてみましたが、大変美味しく炊けました」「満足のいく炊き上がりで、美味しくいただきました」と、満足の声が多いようだ。

「内釜が取り外して洗えないのが残念」という声や、「もう少し量がたければいいかな」という意見もあるが、これからの行楽・アウトドアシーズンに大いに活躍してくれる一品だろう。

価格はオープンだが、2014年7月18日現在Amazon.co.jpにおいて5000〜6000円。