「極め羽釜」で、少ない量でもおいしく炊ける

写真拡大

象印マホービンは、羽釜形状の内釜を採用した炊飯ジャー「極め羽釜」シリーズに、お茶碗1杯〜7杯分にあたる、炊飯容量3.5合(0.09〜0.63リットル)の小容量タイプを新たに投入。圧力IH炊飯ジャー「極め炊きNP‐QA06型 極め羽釜」を、2014年8月21日に発売する。

「極め羽釜」の特長である側面から強火を伝える羽釜形状や、熱効率を高める広く浅い内釜、大火力を生み出す「かまどヒーター」を搭載。従来の小容量タイプでは実現できなかったおいしさのごはんを炊くことができ、おいしさへのニーズが高いシニア世帯にも満足できる絶品のごはんを炊き上げる。

また、家庭好みの食感が味わえる「わが家炊きメニュー」も採用。炊き上がりと使いやすさ、さらに保温面も充実した小容量タイプ最高級炊飯ジャーに仕上げた。

最近の独身者や夫婦のみのといった、1〜2人の少人数世帯の増加に対応した。

希望小売価格は、11万円(税別)。