iPhoneの新CMは「子育て」がテーマ!ところであのアプリは?

写真拡大 (全3枚)

先日7月19日からiPhoneの新しいCMがオンエアされた。過去のCMもライフスタイルに寄り添った利用シーンを想起させる映像が印象的で、この3連休中に今回の新CMをなんとなく目にした読者も多いかもしれない。今回は「Parenthood」をテーマに、子育てシーンで親がiPhoneをどのように役立てているかが描かれているという。

「Parenthood」のビデオを見る|Apple
http://www.apple.com/jp/iphone-5s/powerful/?cid=wwa-jp-kwg-iphone-com

映像ではさらっと流れているが、「あのアプリは何?」という話題が多いこともあり、CMでピックアップされているなかからとくに気になるアプリをいくつか紹介したい。

寝室の赤ちゃんの様子をリモートカメラでチェックしているのは『Withings WithBaby』。寝室を親子で別々にしている家族向きであろう。
https://itunes.apple.com/jp/app/id467594466


歯みがきをサポートするのは『MyTeeth』。ブラッシングをタイマーとともに楽しみながら真似できる。
https://itunes.apple.com/jp/app/myteeth/id788990886


お絵描きしたライオンが吠えるアプリは『DRAWNIMAL by YATATOY』。各アルファベットで始まる動物たちの顔からイメージを膨らませ、その動物の顔以外の周囲を自由に描いていく。
https://itunes.apple.com/jp/app/drawnimal-by-yatatoy/id586239095

そのほか、出張中と思われる母親と在宅の子どもが顔を見ながら計算するやりとりに使われているのは『FaceTime』、さらにiPhone画面最下部を指で上方向にスワイプすると表示される「コントロールセンター」から起動できる「フラッシュライト」で暗い部屋で探し物をする場面や、バギーを押しながらのランニングで見ているのは『Nike+ Running』など、すでにおなじみのガジェットの活用シーンも新鮮に描かれている。