MITメディアラボ石井裕:デザイン史上、最も遠い未来を見据えて「舞踏原子」をつくった男

写真拡大

デザインの祭典として大きな影響力をもつ「ミラノサローネ」。毎年、世界的なインテリアメーカーやデザイナー、あるいはアーティストや建築家たちが、さまざまなスタイルで自らの価値観、アイデア、問題意識を披露する中にあって、2014年、MITメディアラボ副所長を務める石井裕教授がとある「テーブル」を発表した。石井はそこに、どのようなコンセプトを詰め込んだのだろうか?

「MITメディアラボ石井裕:デザイン史上、最も遠い未来を見据えて「舞踏原子」をつくった男」の写真・リンク付きの記事はこちら

石井裕︱HIROSHI ISHII
1956年東京生まれ、北海道育ち。マサチューセッツ工科大学教授、メディアラボ副所長。日本電信電話公社(現NTT)に勤務ののち、西ドイツのGMD研究所客員研究員、NTTヒューマンインターフェース研究所を経て、1995年、MITメディアラボ教授に就任。タンジブル・ビッツの研究で、世界的な評価を得る。

「TRANSFORM」。それが、石井裕&タンジブル・メディア・グループがつくった「テーブル」の名だ。これは、LEXUSがミラノサローネで行ったエキシビション「LEXUS DESIGN AMAZING 2014 MILAN」のためにつくられた作品で、石井らが2011年に発表した「Recompose」、そして2013年に発表した「inFORM」という、ダイナミックに形状が変化する新しいヒューマン・コンピュータ・インタフェースがベースとなっている。

「TRANSFORM」には、デザインとテクノロジー、静と動、自然とマシンという、3つの対概念の止揚から生まれる重層的なストーリーが内包されていると、石井は語る。

「今回依頼を受けるにあたって、LEXUSからは、『AMAZING IN MOTION』というテーマが提示されました。それを自分なりに解釈し、表現したのがこのマシンです。ぼくらが最も関心をもったのは、3つの対立する概念をお互いにぶつけ合うことによって、アウフヘーベン(止揚)を発生させるということでした。

LEXUSには『エルフィネス(L finesse)』というデザインフィロソフィがあり、かつそれが、「SEAMLESS ANTICIPATION」(日本のおもてなしに通じる言葉)、「INCISIVE SIMPLICITY」(純度を高めることで得られる大胆な強さ)、「INTRIGUING ELEGANCE」(相反する要素が高次元で調和されたエレガンス)という3つの価値観によって構成されています。その中の3番目の「相反する要素の衝突と高次元調和」をぼくらなりに解釈し、デザインとテクノロジー、静と動、自然とマシンという3つの対概念によって表現したのが「TRANSFORM」です」

本来、家具というものはスタティック(静的)な存在だ。それを今回、エンジンとしてのテクノロジーをぶつけることによって、「動的なもの」へと変容させたのだと石井は言う。

「『TRANSFORM』は通常の固く凍り付いたマテリアルでできたテーブルではありません。手をかざすと、その動きに合わせてアトム(原子)が波のように踊り始めます。マテリアル自体が実は生きており、それが、身体の動きを感知するテクノロジーと新次元で融合することによって、テーブルからダイナミックなマシンへと変身する。静から動へとジャンプ、即ち「トランスフォーム」するわけです。

『TRANSFORM』の物語は、静かな海面で魚が群れをなして泳いでいる情景から始まります。人が近づくと、そのエネルギーで波が起きます。これも静と動の対比です。さらに『TRANSFORM』はかつて栄えた文明の都市建築と、それが波間に消えて行く情景を“砂の城”のメタファーで表現することで、自然対マシンという対比を物語ります。これまで誰も見たことがない、インタラクションの体験によって、新鮮な感動を呼び起こすのです。

“アメイジング”(驚き)を生み出すためには、予定調和ではなく、予想を超え、なおかつ見る者をインスパイアさせなければなりません。そのためには、埋め込まれたエンジンのコンプレキシティ(複雑性)を忘れるほど、表現に引き寄せられるストーリーが、大切になってきます。ぼくたちが生み出したテクノロジーをテーブルというかたちに集約し、そしてテーブルであることを裏切ることにより、その上に、いくつもの驚きや刺激のレイヤーを施したこの『TRANSFORM』は、いわば、新しい美の表現可能性を証明するメディアなのです」

TAG

HeadlineNewsHIROSHI ISHIILexusMIT Media LabRadical AtomsRecommendTangible Bits

石井がテーブルのかたちに偽装した、ダイナミックな表現メディアであると語る「TRANSFORM」に、石井がMITメディアラボに所属した1995年から取り組んでいる「タンジブル・ビッツ」、さらにはその先の概念として提示された「ラディカル・アトムズ」というコンセプトが織り込まれていることは言うまでもない。石井はまず、タンジブル・ビッツについて解説する。

「コンピューターを介して触れる情報というのは、2次元スクリーンの裏側に幽閉された実体の無い輝点 です。その情報は基本的にピクセルで表現されたGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェイス)として立ち現れ、マウスやキーボード、あるいはタッチスクリーンを介して間接的に遠隔操作します。

それに対してぼくは、ダイレクトに触れて感じることができ、かつ複数のユーザーが同時に操作できるインタフェースを模索しました。人類は長らく、物理世界とのインタラクションを通じて感覚を発達させてきましたが、ならばデジタルの世界においても、情報をフィジカルに扱えることが重要なのではないかと考えたからです。その結果として生まれたのが、タンジブル・ビッツです。

GUIとは異なり、TUI(タンジブル・ユーザー・インターフェイス)では、氷山の頭頂部を実体として水面上に表出させます。それによって情報はフィジカルな存在となり、直接触れ、操作できるようになります」

そんなタンジブル・ビッツの説明として石井がよく用いるのが、そろばんだ。そろばんは、十進数という「情報」を珠の位置で物理的に表現し、かつその珠を直接指で触って操作する道具である。そろばんがもつそんな明快さをデジタルの世界にもたらすという夢を、石井はタンジブル・ビッツによって実現させたと言っていいだろう。しかし、それでもまだ不十分だと石井は考えている。

「プログラムを書けば、スクリーンの裏側でピクセルを自由に踊らせることができます。しかし、スタティックな存在であるテーブルや椅子は、踊ってくれないし、かたちが変わることもありません。ピクセルには備わっているダイナミズムを、どうやってアトム(原子)レヴェルにもっていけばいいのか。そういった思考から生まれたのが、ラディカル・アトムズです。原子レヴェルで物体のアクションをプログラムできるラディカル・アトムズは、Transformable(変形可能性 ) 、Conformable(プログラム可能性)、 Informable(アフォーダンス伝達可能性)といった特性を兼ね備えています。フォトン(輝点)の動きを自由にプログラミングするがごとく、物体の形状や性質を自由に変えることのできる、全く新しいマテリアルです」

「えっ!?」と思われた方もいるだろう。ラディカル・アトムはまだ理論上のもので、もちろんまだ実在しない。

「あと100年経たないと、実現できないかもしれません。しかしヴィジョンを掲げ、いま可能な技術で挑戦することが大事なんです。それが、ぼくたちが日々行っている理念駆動型の研究です。1年先のトレンドを狙うのであれば、テクノロジー駆動型の研究でかまわないでしょう。あるいは5年先のマーケットを予測するのであれば、ユーザーニーズ駆動型でもかまいません。

しかしぼくたちは100年先を見据えた本質的な理念、つまりはヴィジョンドリヴンで研究を行うことで、22世紀のインタラクションやコミュニケーションを予見しようとしているんです。現時点におけるそのひとつの回答が、今回ミラノで発表した『TRANSFORM』なんです。

この作品が、テクノロジーの文脈ではなく、デザインの文脈でプレゼンテーションできたことは、クリエイションに対する世の中の認識を変える上で非常に重要な意味があることだと思います」

LEXUS DESIGN AMAZING 2014 MILAN

TAG

HeadlineNewsHIROSHI ISHIILexusMIT Media LabRadical AtomsRecommendTangible Bits