写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オールアバウトはこのほど、同社が運営する、人々の決断を支援するために展開しているサイト「国民の決断」にて、「出産」に関するアンケート調査の結果を発表した。同調査は6月25日〜7月2日、首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)在住で既婚・子どもがいる20〜69歳の男女を対象として実施。1,105人から有効回答を得た。

○65%が結婚してから2年未満で第一子を出産

「結婚してから第一子出産までの期間」を聞いたところ、「結婚してから2年未満」で出産をした人が全体で65.3%だった。5歳刻みの年代別でみると、結婚後2年未満で生んでいる人の割合で最も高かったのが「20代前半」で92.8%、一番少なかったのは「40代後半」で48.1%だった。

さらに、「第一子出産から第二子出産までの期間」についても聞いたところ、50代以上は7割近くが第二子を出産していたが、40代前半で6割、30代後半では5割以下しか第二子を出産していないことがわかった。

○50代後半より上の世代の6割が「自然の成り行き」で第一子を出産

「第一子の出産について、計画的であったかどうか」を聞いたところ、50代後半以上の約6割が「自然の成り行きに任せた」と回答。50代前半より若くなるほど、計画を立てている割合が多い傾向が見られ、20代前半では6割以上が「計画を立てた」と回答した。

第二子については、第一子よりも全体的に計画を立てている人が多く、年齢別では第一子と同じような傾向が見られた。また、「第二子が計画的であったかどうか」を「第一子の傾向別」に見てみると、第一子が「計画的を立ててその通りになった」人の7割が「第二子も計画的かつその通りになった」と回答。第一子が「自然の成り行き」であった人の7割が第二子も同じ傾向であることがわかった。

○第一子出産前の懸念点、1位は「金銭的な余裕がない」

「第一子出産前の懸念点」について、性・年代別で見てみると、20代〜30代の男女は「金銭的な余裕がない」を挙げる人が多く、40代男女も加えると「ちゃんと育てられる自信がない」を挙げる人が多い傾向にあった。また、20〜40代女性の2割が「出産が怖い」と答えた。「特に当てはまらない」と回答した人は、全体的に20〜40代に比べて50代以上が多かった。

(エボル)