異例の判定を下した審判の姿勢

ざっくり言うと

  • 14日の中日‐阪神戦で、プレーが動いている中でアウトの判定が覆った
  • 判定した東塁審自身に疑念が生じたため、他の審判の意見を取り入れた
  • 協議した末の判定で、きちんと説明する姿勢があれば問題はないことを示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング