11日、韓国・聨合ニュースによると、韓国最大のIT企業、サムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が10日夜から11日未明にかけて、ソウルの病院で、心筋梗塞の緊急手術を受けた。容体は安定しており、回復に向かっているという。資料写真。Record China

サムスン、非常経営体制だった

ざっくり言うと

  • サムスンが、1ヶ月前から本格的な非常経営に乗り出したという
  • 各事業分野の限界突破のため、すべてのプロセスを全面再検討し始めた
  • コスト削減や浪費部門の改善のみならず、組織の合理化が行われる可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング