クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%といわれるが、最近ではそれを上回る還元率の高いカードが数多く登場している。そうした高還元率カードのひとつとして、経済アナリストの森永卓郎氏が自身でも活用しているのがJR東日本の「大人の休日倶楽部ミドルカード」だ。森永氏が、その活用法を解説する。

 * * *
 私自身が「これはお得だ」と活用しているのが、JR東日本が発行している「大人の休日倶楽部ミドルカード」。Suica機能付きビューカードに、JR東日本の50歳以上64歳まで(女性は59歳まで)限定の会員サービス「大人の休日倶楽部ミドル」の特典がセットされたクレカです。

 年会費が2年目以降(初年度無料)は2500円(税別)かかりますが、JR東日本での切符・定期券購入やSuicaチャージなどに利用した場合、1.5%還元となります。さらに、1年間(1〜12月)に3000ポイント以上貯めると、翌年にはダブルAにランクが上がり、2.5%の還元が受けられます。

 貯まったポイントはSuicaへの入金にも使えます。今やSuicaは全国の鉄道だけではなく、タクシーやコンビニでも使えるなど使途はほぼ無制限で、“無敵”になっています。

 それだけではありません。新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上利用する場合、このカードで支払うと運賃・料金が5%割引になります。回数に制限はなく、何回でも5%引きになるのです。ランクがダブルAの人だったら、2.5%+5%で7.5%のバックが受けられます。

 さらに、このカードでの決済を条件に、JR東日本全線+JR西日本北陸エリアが4日間乗り放題1万7000円、JR東日本全線+JR北海道全線が5日間乗り放題2万5000円の会員限定「大人の休日倶楽部パス」が、年3回購入可能です。こうした特典があるので、特に鉄道を頻繁に利用する人には、年会費を払っても有利なカードだと思います。

 このクレカに入会できない50歳以下の人なら「ビックカメラSuicaカード」も注目です。ビックカメラで年1回10円でも買い物をすれば年会費が無料になり、Suicaのチャージなどで1.5%還元が受けられます。

 こうした高い還元率を考えれば、今やSuicaを現金でチャージするのは、あまりにもったいないと思います。個人ごとの消費パターンによって、どのクレカがその人に有利かは変わってきますが、クレカの活用法を知らずにいると、何の還元も得られず、実質的に大きな損をすることになります。

 高い還元率のクレカには年会費があるものも少なくないので、自分の生活パターンを熟慮して、1つか2つのカードに絞り、ポイントをガンガン貯めていく手がいいでしょう。クレカ節約術を駆使して増税分を取り戻し、年末からの勝負に備えていただきたいと思います。

※マネーポスト2014年夏号