最終日に8バーディを奪う猛チャージを見せた小田孔明(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英オープン 最終日◇20日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>
 英国にあるロイヤル・リバプールGCで開催中の海外男子メジャー「全英オープン」の最終日。4オーバー63位タイから出た小田孔明が8バーディ・1トリプルボギーの“67”をマーク。ここまでの鬱憤を晴らすかのような猛チャージでスコアをトータル1アンダーまで伸ばして4日間の競技を終えた。
松山英樹はバックナインのプレーへ!「全英オープン」リーダーボード
 最終日の小田は2番ホールでバーディ先行。続く3番ではトリプルボギーを喫したが、5番ホールから怒涛の4連続バーディを奪取。さらにバックナインに入ってからも3つのバーディを奪った小田は5アンダー“67”でホールアウト。現時点で37位タイまで順位を上げている。
 尚、日本勢の松山英樹は9番ホールまでのプレーを終了。スコアを1つ伸ばし、小田と同じトータル1アンダー37位タイに浮上している。
<ゴルフ情報ALBA.Net>