アラブ初の探査機、2021年にも火星到達へ

写真拡大

アラブ首長国連邦(UAE)が、アラブ世界初の無人火星探査機の計画を発表した。2021年にも火星に到達するかもしれない。

「アラブ初の探査機、2021年にも火星到達へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

アラブ首長国連邦(UAE)は、オイルマネーをふんだんに注ぎ込むことで、アラブ世界初の火星探査機を2021年に火星軌道に到達させるかもしれない。

UAEは、無人探査機の火星投入計画と、この取り組みを監督する宇宙機関の設立を発表した。

UAEは2009年、アブダビに8億ドル規模の宇宙センターを設立し、同年、初の人工衛星「DubaiSat-1」を打ち上げた(その後、後継機として地上解像度を1mに向上させたDubaiSat-2が2013年11月21日に打ち上げられ、さらに解像度70cmを目指すDubaiSat-3の計画が発表されている)。

UAEによると、同国はこれまで、スラーヤ社など衛星通信企業2社を含む宇宙技術セクターと宇宙技術に50億ドル以上を投じてきたという。

火星軌道投入のミッションに成功した宇宙機関は、これまでに3つある。旧ソビエト連邦の宇宙機関(初めて火星に着陸した探査機は、1973年にソ連が打ち上げたマルス3号)、米航空宇宙局(NASA、1976年のバイキング1号が最初)、そして欧州宇宙機関(ESA)だ(2003年6月に打ち上げられたマーズ・エクスプレスは12月25日に火星周回軌道に入った。着陸機を投入したが通信途絶。母船の方は現在も観測中)。

さらに現在、2013年11月に打ち上がったインドの探査機(日本語版記事)が火星に向かっており、2014年9月の火星軌道到達を予定している。

なお、欧州宇宙機関をイメージした、アラブ世界全体による宇宙機関の計画が、以前は存在した。UAEが新設する宇宙機関が、そうした計画に与える影響は不明だ。

※バングラデシュ、ラオス、インドネシア、マレーシア、タイ、ヴェトナムなどの国々が宇宙開発を拡大させており、何らかの宇宙計画がある国の数は、いまや70カ国を超えている(日本語版記事)。

TAG

MarsSpaceUAEWiredUK