ビートたけしが19日放送の「新・情報7daysニュースキャスター」で、高校球児が甲子園で投げすぎなどにより故障するケースが出ていることについて、「虐待だ」と発言した。

番組は一週間の出来事を振り返る「ニュースワードランキング」で、甲子園のタイブレーク制導入について紹介。タイブレークは、延長戦で得点を入れやすくするため、塁上に走者を置いて攻撃を開始する制度で、日本高校野球連盟が選手の健康を考慮し、来夏からの導入を検討している

たけしは、試合日程によっては投手が投げ過ぎとなる今の状況について「だいたいおかしい。夏の大会で、予選から投げるんだよ、エースが。あれだけ真夏で、虐待だよ。外国やアメリカに行ったら大変なことになっちゃうよ」と批判した。

さらに「1回投げたら3日おきの60球とかでやらなきゃ」と提案。「だって松坂が肘で怪我したでしょ。みんな怪我して、マー君と投げあった日ハムのハンカチ王子も故障してる」と述べ、高校時代の投げ過ぎは、選手生活に影響を与えるとの考えを示した。

甲子園のタイブレーク制導入については、ダルビッシュも15日にツイッターで発言している。やはり現状には問題があると感じているようで、「学年別で1日に可能な投球回数を決めた方がいい」とし、「1年5回、2年6回、3年7回って感じで。ベンチ入り可能な選手も18人から増やせばいい」と提案していた。


【関連記事】
ビートたけしが「TVタックル」で「婚活ハズレ世代」に忠告 自身の結婚観も披露
新城市議の浅尾洋平氏、長田共永・同市議を「品位に欠ける恥ずべき発言」で糾弾 議会で「穴のあいたコンドーム」
野沢直子が「アナと雪の女王」を猛批判 「ワタシ的にNG」「感情移入できない」