猛チャージで1打差に迫った香妻琴乃(撮影:ALBA)

写真拡大

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント 最終日◇ 20日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,528ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」の最終日。全選手がハーフターンを終え、単独2位からスタートした成田美寿々が前半5バーディ・1ボギーで通算15アンダーまで伸ばし単独首位に浮上した。

 また、7位タイからスタートしたホステスプロの香妻琴乃が6バーディ・ノーボギーの猛チャージで通算14アンダーとし1打差の単独2位に急浮上した。
 通算13アンダー単独3位には首位スタートのイ・ナリ(韓国)。続く通算12アンダー4位タイには西山ゆかり、リ・エスド(韓国)、東浩子の3人がつけている。さらに原江里菜、下川めぐみ、申ジエ(韓国)が通算11アンダーで7位タイとしている。
 カットラインぎりぎりの通産4アンダー39位タイで予選を通過した森田理香子は5バーディ・2ボギーで3つ伸ばし通算7アンダー24位タイに浮上した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>