水樹奈々とヤマト2199再タッグ、10月上映の特別総集編でED主題歌担当。

写真拡大

2014年は、1974年の「宇宙戦艦ヤマト」テレビシリーズ第1作放映から40周年の大きな節目。これを記念して、12月6日に「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作劇場映画となる「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」が公開される。そして12月の劇場映画に先駆けて、テレビシリーズ全26話を、新たな視点で振り返る特別総集編「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」が、10月11日(土)より全国順次イベント上映される運びとなった。

この「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」では、水樹奈々が再び「宇宙戦艦ヤマト2199」のエンディングを担当することが決定。

水樹は「『宇宙戦艦ヤマト』という歴史ある作品のテーマ曲を再び担当させていただけるということに緊張と喜びを改めて噛み締めております。劇場版第七章エンディング主題歌『愛の星』では、この曲をきっかけに、数多くの出会いと貴重な経験をさせていただき、私にとっても、本当にかけがえのないものになりました。“追憶の航海”でも、自分の持てるエネルギーすべてを注ぎ込み、ヤマトファンの皆様に愛して頂ける愛溢れる楽曲を制作したいと思います!」と意気込みを語っている。

昨年の劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」エンディング主題歌の「愛の星」から1年。水樹の独自の世界観から生み出される音楽にも注目しておきたいところだ。

特別総集編「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」は10月11日(土)より全国順次イベント上映、完全新作劇場映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」は12月6日(土)より全国ロードショー。