写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公開初日を迎えた特撮映画『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』の初日舞台あいさつが19日、東京・丸の内TOEI1にて行われた。

今回の劇場版は"サッカーが全ての勝敗を決める世界"が舞台ということもあり、元サッカー日本代表の中山雅史、現役Jリーガーである駒野友一、佐藤勇人らが出演。そして、最強のアーマードライダー・仮面ライダーマルス/コウガネ役には、歌舞伎俳優の片岡愛之助が抜てきされたことでも大きな話題となっている。この日の舞台あいさつには、佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、松田岳、白又敦、松田凌、久保田悠来、佃井皆美、吉田メタル、ゲスト俳優の中山雅史、片岡愛之助、金田治監督が登壇した。

サッカー界を代表して登場した中山は「会場の熱さにビビッています。仮面ライダーG.O.Nを演じた(実際は本人役)中山です。熱い映画を見ればいいじゃん!」とつかみのあいさつで笑わせると、「憧れの『仮面ライダー』に出られるならなんでもやりますよ。ライダー役かと思ったんですがも今回は本人役でしたね。作品の中で僕がボールをキックする場面があって、僕がミスすると皆さんに迷惑がかかるんで、めっちゃくちゃ緊張しました」と明かしていた。フォトセッションでは自前の変身ベルトを巻いてくるなど、熱いライダー愛を見せていた中山だが、最後は「『仮面ライダー』熱いです。でもワールドカップ、熱かったですよね? これからJ1リーグが始まります。皆さん、Jリーグに行きましょう! Jリーグを見に行きましょう! Jリーグ!」と身を乗り出してJリーグ愛を爆発させていた。

小さいころからサッカー選手に憧れていたという、主人公・仮面ライダー鎧武/葛葉紘汰を演じる佐野は、「競技場を貸しきって撮影したんです。僕も昔プロのサッカー選手を目指していたので、中山選手たちサッカー選手と一緒にサッカーができたことは財産になりました」と感激の面持ち。吉田メタルらは「選手やお客さんとの撮影を楽しみにしていたら、客席で一回で撮影が終わってしまったので、もっとやりたかった」と惜しんでいた。

そして、昨年にTVドラマ『半沢直樹』で大ブレイクを果たし、本作では金のリンゴロックシードを使用して仮面ライダーマルスに変身する片岡は、舞台あいさつに「アウェイ感を感じる」と苦笑い。撮影については「僕も『仮面ライダー』派だったので、出演できて嬉しかったです。悪役なのに変身できるとは思わなかったです。皆さんが和気藹々と撮影している中、楽しくやらせていただきました」と満足気な様子だった。そんな片岡について佐野は「共演できて、一緒に演技できてめちゃくちゃうれしかったです。片岡さんの演技中は裏のモニターにへばりついて勉強させてもらいました。変身シーンが本当にかっこよくて、僕らも負けてられないなと思いました」、仮面ライダーバロン/駆紋戒斗役の小林は「片岡さんとお会いできて緊張していたんですが、気さくに声をかけていただけて、うれしかったです」と語るなど、ライダーチームにとっても片岡との共演は刺激になった様子だった。

最後は佐野が「僕も小さい頃、夏休みに映画を見に行ったことを覚えています。皆さんもこの映画を楽しんでいい夏の思い出にしてください。自信を持ってお届けする作品です!」、片岡が「いろんな映画が公開されますが、絶対に一番盛り上がる映画です。まだ見ていない人がいたら、劇場に引っ張ってきてください。ぜひよろしくお願いします!」と締めくくった。

『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』/『烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』は、7月19日より公開中。