東京の繁華街に今、若い韓国人女性が働くガールズバーが急増している。その一軒を覗いてみると、コの字型のカウンターに入った10人ほどの若い女性たちがカタコトの日本語と英語を交えながら、サラリーマンたちと楽しそうに会話していた。かなり繁盛している様子でリピーターも多いという。店の関係者が明かす。
 
「実は店に若い子たちが増えたのは、ワーキングホリデービザの厳格化のおかげなんですよ」
 
 ワーホリ制度は二国間協定により相手国の若者に自国で一定期間の休暇を過ごすことを認めるもので、滞在費を補うための就労も認めるビザが発給される。日本と韓国との間では1999年から実施され、18歳以上25歳以下が原則だが、実際には30歳まで認められてきた。
 
 ところが、今年4〜6月期の26歳以上の審査合格者はほぼ0%と、一気に年齢制限が厳格化されたのだ。
 
 その理由について韓国聯合ニュースは、〈ワーキングホリデーを口実に日本の遊興場で働き摘発されたケースが非常に多いため、日本政府が措置を取ったとみられる〉と報じている。
 
 実際に昨年6月には、ワーホリビザで日本に入国し、風俗店で働いていた28歳の韓国人女性が逮捕される事件が起きている。で、ガールズバーのガールたちも大幅に若返っているというわけなのだ。
 
 同ビザは風俗店で働くのはNGだが、ガールズバーはあくまでも飲食店扱いなのでお咎めナシ。韓国人女性の間で人気のアルバイトとなっている。
 
「ワーホリで来日する女性は身元や学歴が厳しく審査されるので良家のお嬢様が多い」(ビザ申請代行業者)
 
 お役人の規制強化はだいたいロクなことにならないが、今回は意外な経済効果を生んだようである。

※週刊ポスト2014年7月25日・8月1日号