30年後、消費税は100%になる?
今年の4月に8%にアップした消費税。来年には10%まで上がるとみられていますが、ここで気になるのは、どこまで上がるのか?ということ。

教えて!gooでも「消費税は何%まで上がるの?」という質問が。

質問者のpapabeatlesさんによると、
「今後インフレがきて国債の金利が5%何て事になったらいったいいくらの消費税を払うことになるのでしょうか?」
とのこと。自分の孫の時代には消費税が100%になるのではと心配している質問者さんですが、実際のところどうなんでしょうか。回答を見てみましょう。

■消費税は何%まで上がる?

では、具体的に消費税は何%ぐらいが想定されているのでしょうか。

「数年前、増税論がわき上がった頃、財界は25%と言ってたような。それくらいは上げるでしょうね」(nankaiporksさん)

「消費税が始まるときに言われていたのは欧米先進国並みの25%で、昨今の少子高齢化事情をみているとそれも現実味を帯びてきたといえます」(kingyo_tyuuihouさん)

「20%に一票(但し30年以内というスパン)何故なら暗算できないので…」(horiisenseiさん)

一般的には20〜25%程度を想定していらっしゃる方が多いようです。では、将来的に消費税が100%になったりするんでしょうか。

「100%に上げたなら国が滅びます」(Epsilon03さん)

「消費税が30%を越えたら暴動が起こらないまでも、消費は冷え込み、経済が混乱して、年金を消費税で支えるというような考え方自体が消えてなくなります」(kingyo_tyuuihouさん)

「金利があがっても短期的には国債費は変わりません。中長期的には国債費が凄いことになるので、何らかの手を講じて国債の金利支払額を低いままにする(例えば割引発行)かなにかの方法をとるでしょう。そうしなければ破綻するでしょうしね」(at9_amさん)

多くの人は、さすがに100%まで行くことはないだろうという回答でした。ですが、中にはこんな回答も。

「上限なんてないですよ。所得税なら上限があって100%以上にする事は出来ませんが、消費税は品物に上乗せするだけですから100%でも1000%でも可能です」(isndstrsn98203さん)

また、消費税自体よりもインフレ率のほうが重要だという指摘も。

「ものすごく乱暴なことをいえば、国の借金なんて返すことができるんですよ。じゃんじゃんお札をすっちゃえばいいんですから」(erer4649さん)

「『インフレ2%』という隠れ増税は許せません。(中略)…行政府の累積赤字その他の借金1000兆円以上に対して、毎年2%のインフレになる場合、実質20兆円以上の増税と同じ結果となります。
我々の預貯金が、毎年インフレによって資産価値が減少するのと反対に、借主である国などの借金が実質目減りするわけですから」(sudacyuさん)

消費税が100%になるというのはさすがに言いすぎですが、国の借金がかなりの額になっていることは事実。どこまで消費税が上がるのか、この不安感を払拭しないことには財政再建は難しいのかもしれません。

古田ラジオ(Furuta Radio)