iOS、Android向けアプリ「NINJASTAMP」

写真拡大

クラウドファンディングサイト・Kickstarterにて、外国人の名前を漢字に変換し、印鑑を作成することができるiPhone/Android用アプリ「NINJASTAMP」の制作資金が募られている。

近年、海外でもクールなポップカルチャーとして人気のある漢字。「NINJASTAMP」では、その漢字を使って外国人の名前をクールな漢字に変換し、戦国時代の“武将”や、江戸時代の“サムライ”が使っていたようなクールな日本の印鑑を簡単につくることができる。

目標金額は6,000ドル(日本円で約68万円)で、募集期間は現地時間で7月20日までとなっている。



漢字を選ぼう!


NINJA STAMP

名前を入力すると自動でいくつかの漢字に変換される/画像はキックスターターより



江戸時代から使われていたという印鑑。数千年の歴史を持ち、いまや契約などの重要な場面では、自分の意思を示すものとして日本人には欠かせないアイテムとなっている。

このプロジェクトに関わっているチームは日本人。海外の友人から絶賛されたことをきっかけに気がついたアニメやマンガ、サムライやニンジャといった日本特有のすばらしい文化を、世界中の人に知ってもらいたいという思いから「NINJASTAMP」のプロジェクトを始動させた。

「NINJASTAMP」では、アプリを通して様々な漢字と出会い、自分だけの漢字を見つけてもらう。そして、自分自身の意思を示すものとして、その漢字を印鑑で手紙や資料などに使うことを推奨している。

「NINJASTAMP」に用いられる漢字は当て字で、いくつかの候補から組み合わせて印鑑をつくることができる。たとえばGeorge Bushは、上侍風種情司仏酒譲時風守といった具合だ。

漢字の意味を確認しよう!


The meaning of Kanji

丁寧に漢字の意味も教えてくれる/画像はキックスターターより



また、選んだ漢字の意味も確認することができるようになっており、よく見かける外国人観光客が着ているTシャツに描かれた「痔」、「変態」、「痴漢注意」といった、本人は気づいていないであろうクールとはかけ離れた恥ずかしい意味合いの漢字を回避することができる。

フォントやカラーを変更して、アレンジしよう!


好みのデザインを選択可能 Gmailの署名としても使用可能だ/画像はキックスターターより

LADY GAGAさんを漢字に変換したもの/画像はキックスターターより



さらに漢字の名前のフォントも選択可能で、カラーを変更するなどのアレンジすることもできる。

こうして完成したオリジナルの印鑑は、メールの署名として使用したり、SNSのアイコンとして使用したり、Tシャツにプリントアウトして楽しむこともできる。

海外の方のクールな名前も、漢字に変換することで、味のある新たな自分を表現することができる。このアプリを使えば、みんなに自慢できるかっこいいスタンプができること間違いなしだろう。 このプロジェクトが成功して、アプリがリリースされることに期待したい。