写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウェザーニューズは、7月〜9月における"ゲリラ雷雨"の発生傾向を発表した。

○ピークは8月

"ゲリラ雷雨"は、突発的かつ局地的に発生する強い雷雨のこと。大気の状態が不安定なときに、地上付近の局地的な気温上昇などによって上昇気流が形成され、積乱雲が急発達することで発生するという。

今シーズンのゲリラ雷雨の発生回数は、7月には少ないが8月には全国的に増加し、昨年の1.2倍になる予想。都道府県別では北海道の発生回数が最も多いが、エリア別で見ると関東甲信が最も多く、シーズンを通して約760回発生する見込みだという。

9月に入ると次第に減少するが、彼岸までは厳しい残暑で気温が高く、ゲリラ雷雨が発生する日もあるとのこと。

また、秋には台風や秋雨前線の影響を受ける日が次第に増えるため、雷をともなう短時間の強い雨や大雨に注意が必要だという。