読者参加型Web小説『3D小説 bell』25日から連載開始 編集部宛に届けられた謎の手紙も公開

写真拡大

 富士見書房、ドワンゴ、グループエス・エヌ・イーは3社合同プロジェクトとして、読者参加型のWeb小説『3D小説 bell』の連載を2014年7月25日0時より開始すると発表した。
小説はniconico内の『3D小説 bell』チャンネルにて無料で読むことができる。

【関連:ボツ漫画『機械人形ナナミちゃん』に進展!単行本化確定】

読者参加型Web小説『3D小説 bell』

 開始に先駆け、7月18日から公式サイト(http://3dnovel.jp/)が公開されている。公式サイトではカウントダウンタイマーが設置されており、その時間に物語りが大きく動くことが示唆されている。

 なお、本発表情報とともに、当編集部に不気味な手紙が届けられた。中身はバラバラに切り裂かれており、全てつなげてみると「佐倉みさき」という人物が「久瀬太一」という人物宛に送った手紙が現れた。

謎の手紙

 『3D小説 bell』は作中の「絶望の中にいる少女」を「読者」が主人公と一緒に救う物語。読者という立場ながら、物語に大きく関わることができるという。この手紙が今後どう影響するかは不明だが、読者それぞれでこの意味と、次に行うべき行動を考えて欲しい。諸君の健闘を祈る。

<企画概要>
タイトル:3D小説 bell
開始日:2014年7月25日
公式サイトURL: http://3dnovel.jp/
Twitterハッシュタグ: #3D小説
企画:少年ロケット 
執筆:河野裕、河端ジュン一
イラスト:shimano
価格:無料