初日を3アンダーで終えた松山(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<全英オープン 初日◇17日◇ロイヤル・リバプールGC(7,312ド・パー72)>
 英国にあるロイヤル・リバプールGCを舞台に最古のメジャー「全英オープン」が17日(木)に開幕。昨年の6位タイ越えを狙う松山英樹は5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド。首位と3打差の10位タイで初日を終えた。
全英オープンリーダーズボードはこちら
 「前半は今ショットが良くないのが嘘のようにいいショットが多かった」という松山。3番セカンドを1メートルにつけバーディとすると5番、7番でもバーディを決めノーボギーと前半でスコアを3つ伸ばして折り返す。
 しかし後半、12番、13番と連続ボギー。それでも16番をバーディとして迎えた17番。ポッドバンカーの深いところにいれるも、「練習のときに同じようなシチュエーションがあった。そのときに上手くいったので今日も上手くいくかないくかなと思った」ときっちりパーセーブ。最終18番のロングホールでは2オンに成功しイーグルパットは外したものの、バーディを決めてトータル3アンダーでフィニッシュした。
 今日のプレーについて松山は「調子が良くない中で3アンダーはたまたまでしょうね。ショットを含め全部修正したい」と振り返る。それでも調子が良くない中で「終盤ロングで2つとって粘れたて良かった」と及第点を与えた。
 「ローリーもなかなか崩れそうもないけど、コンディションでどうなるか分からないし頑張りたい」。自分のペースの崩さない強さに加え、今日のような粘り強さで松山は昨年以上の成績を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【連続写真】松山英樹の最新スイング
松山英樹、日本人初のメジャー制覇へ「明日の朝には良い状態で」
【連続写真】石川遼の最新スイング
【舩越園子コラム】ロイヤルリバプールを制した06年ウッズの勝利と女神の好み
ユーザーが選ぶ一番飛ぶドライバーはこれだ!