インパクト絶大! パンクラス試合終了後の江泉卓哉選手のドヤ顔がハンパない / 海外メディアも高評価

写真拡大

格闘技とは、「死闘」という言葉が示す通りに、命と命のぶつかり合いだ。ルールがあるとはいえ、一歩間違えれば大けがでは済まされない事態が発生することもある。それだけに選手は皆真剣であり、日夜修練を重ね、自らの肉体と技を磨いている。

総合格闘技団体「パンクラス」も、そんな死闘が繰り広げられる舞台のひとつ。最近、東京・ディファ有明で行われた大会が、海外ネットユーザーの間で話題になっている。試合内容もさることながら、フライ級ランキング1位の江泉卓哉選手が勝利後に見せたドヤ顔のインパクトが絶大だったのだ。明るくサワヤカな江泉選手の顔が! 江泉選手の顔がーーーッ!!

・フライ級上位対戦後に渾身のドヤ顔!!

2014年6月29日の「PANCRASE 259」で、江泉選手は同級4位の下川雄生選手と対戦。3分3ラウンドの試合は、3対0で江泉選手が勝利した。

その勝利が宣言された後に、江泉選手は渾身のドヤ顔を炸裂させたのである。あえて言うなら、志村けんさんの持ちギャグ「アイーン」顔を、かなりシャープにした感じだろうか。とにかく別人級の変顔を披露したのである。

・「新しいお気に入りのスポーツマン」

彼の顔芸について、英国のニュースメディア「Metro」は、「あなたはタクヤ・エイズミを知らないかもしれない。だが、あなたの中での “好きなアスリート” に彼を入れておくべきだろう」と彼のパフォーマンスを評価している。少々大げさな表現ではあるが、たしかに今後の活躍を十分に期待できる顔芸である。

・江泉選手を応援しよう!

もしあなたが、江泉選手のことを知らなかったとしたら、これから覚えておいて欲しい。彼はこれから勝利する度に、世界レベルのインパクトをもった顔芸を披露するかもしれないのだから。みんなで江泉選手を応援しよう!

参照元:パンクラス、YouTube、Metro.co.uk(英語)
執筆:佐藤英典

この記事の動画を見る