『天才スピヴェット』Jan THIJS © EPITHETE FILMS - TAPIOCA FILMS - FILMARTO - GAUMONT - FRANCE 2 CINEMA

写真拡大

ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作映画『天才スピヴェット』が、11月から東京・シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開される。

【もっと写真を見る】

『アメリ』などの作品で知られるジュネ監督が、初めて3D映画の製作に挑んだ同作。弟の死によって心に穴があいてしまった家族たちとモンタナの牧場で暮らす10歳の天才少年スピヴェットが、権威ある科学賞受賞の知らせを受けたことで初めて認められることの喜びを知り、ワシントンDCで行われる授賞式に出席するために、家族に無断でアメリカ大陸横断の家出を敢行する様を描く。

人並み外れた想像力と好奇心を持ちながら、家族にはその才能を理解されない天才少年スピヴェットを演じるのは、同作で映画初出演を果たすカイル・キャトレット。キャトレットは、7歳以下の武道選手権で世界チャンピオンになった経歴を持ち、6か国語を話すことができるという。昆虫博士でもある風変わりな母を、映画『英国王のスピーチ』や、ティム・バートン監督作への出演で知られるヘレナ・ボナム=カーターが演じる。