第143回全英オープンが開幕する(現地7月17日〜20日)。

 今年の舞台は、2006年以来、8年ぶりの開催となるロイヤルリバプール(全長7312ヤード、パー72)。2006年大会より総距離が54ヤード延びて、いくつかのバンカーを撤去しつつも、グリーン周辺に新たなくぼみを設けるなどの改修が行なわれ、難易度は高まっている。

 2006年大会では、4日間で1度しかドライバーを使わなかったタイガー・ウッズがメジャー通算11勝目を飾った。同大会の数カ月前に最愛の父親を亡くしたウッズ。その悲しみを乗り越えての感動的な優勝シーンが、まだ記憶に残っている人も多いのではないだろうか。

 そのウッズが今回、ついにメジャーの舞台に復活する。今年3月に腰の手術を受けて、その後、懸命なリハビリを経て戻ってきた"最強の男"。世界中が注目する中、どんなプレイを見せてくれるのか、必見だ。

 また、2006年大会と言えば、日本の谷原秀人が躍進。5位タイという好結果を残して、地元ギャラリーから喝采を浴びた。そして今年、そんな活躍が期待される日本人一番手は、やはり松山英樹(22歳)である。

 6月のザ・メモリアルトーナメントで米ツアー初優勝を果たして、イギリスでの注目度もアップ。練習日から早くも、多くの地元ギャラリーからサインを求められていた。その光景は、松山という存在が世界に認められた証のように見えた。

 さて、昨年初めて挑んだ全英オープン(ミュアフィールド)で6位タイという好成績を収めた松山。今年のロイヤルリバプールの攻略についてはどう考えているのだろうか。彼は簡潔にこう語った。

「フェアウェーキープとバンカーに入れないこと」

 米ツアーで日本人最高の3勝を挙げ、今大会のテレビ解説を務める丸山茂樹プロも、その点は同意。両サイドにラフが広がって、際どいところにポットバンカーが点在するリンクスコース攻略において、フェアウェーキープの重要性を強調した。が、「ティーショットをフェアウェーに打っていくことは、相当な集中力が必要となり、精神的にもかなり疲れると思う。(スコアメイクには)パー5がひとつのポイントになるけれども、そこでも簡単にドライバーを握れるホールはない」という。

 そこで、松山が今大会の"新兵器"として持ち込んだのが、2番アイアン。ドライバーに代わって、ティーショットで確実にフェアウェーキープを実現するための武器である。

 実際、練習ラウンドでも、松山がドライバーを手にしたのは3ホールのみ。距離のあるミドルホールやロングホールでも、ティーショットで2番アイアンを多く使用し、フェアウェーを外さないコース攻略の調整に務めていた。つまり、松山躍進のポイントのひとつは、2番アイアンの出来にかかっているとも言える。

 そしてもうひとつ、松山が練習ラウンドで入念に行なっていたのが、グリーン周りのアプローチ練習だった。特にバンカーからのショットは、どのホールでも多くの時間を割いていた。その際、丸山プロが直接アドバイスするシーンも見られた。

「(松山は)アプローチのクオリティーが上がっている。学習能力が高いので、いろいろなアプローチを練習で試して吸収している」と、松山の米ツアーでの活躍はアプローチの成長にあると語った丸山プロ。そのアプローチを一層磨いて、メジャーの舞台でのさらなる飛躍を遂げられるか、期待を寄せていた。

 一方、日本勢で注目の存在がもうひとりいる。2年ぶりの全英オープン参戦となる石川遼(22歳)だ。先の日本ツアー、長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ(7月3日〜6日/北海道)でおよそ2年ぶりの優勝。その結果もあって、滑り込みでの全英オープン出場となったが、やはり石川にはメジャーの舞台がよく似合う。精力的に練習ラウンドをこなす姿からは、周囲に何かを期待させるオーラが漂っていた。

 その練習ラウンド、石川は松山とはまったく異なる調整を行なっていた。現地7月14日の月曜日には、ドライバーを一切使わず、徹底して刻むゴルフでラウンドしていたかと思えば、翌15日の火曜日はショートホールを除く14ホール中、13ホールでドライバーを使用。攻撃的なラウンドに終始した。

「ドライバーをたくさん握ってのラウンドは、いい練習になりました。そこで(ドライバー使用が)無謀過ぎるな、と感じたのは3ホールくらいでした。使えるならば、できる限りドライバーは使っていきたい。バンカーに入ったら、確実に1ペナというのは前提としてあるけれども、アグレッシブさを忘れずにやっていきたいと思います」

 松山と同様、石川も「フェアウェーキープ」と「バンカーに入れない」ことを重視している。しかし、結果を出すためには、持ち味である"攻める姿勢"も欠かせないと考えている。土壇場でつかんだメジャーの舞台で、石川の新たな挑戦にも注目したい。

 何はともあれ、米ツアーで揉(も)まれて成長した松山と石川。若いふたりが目まぐるしく変わる天候の中、難コースをどう攻略し、世界の猛者たちとどう渡り合っていくのか。そして、塚田好宣(44歳)、小林正則(38歳)、近藤共弘(37歳)、小田孔明(36歳)、宮里優作(34歳)、岩田寛(33歳)ら、ベテラン、中堅の日本人プレイヤーの躍進はあるのか。見どころ満載の全英オープンが、今年もやってきた。

テレビ朝日 全英オープン取材班●構成 text by tv asahi The open crew