折り畳み時は本にしか見えない。

写真拡大

オリジナル製品の企画・開発を行うビーズ(東大阪市)は2014年7月16日、本の形で、開くをスツールに変形する「ブックスツール」の発売を発表した。

使わないときは本棚に

ブックスツールBS1-243は、折り畳み時は、厚さ約5センチのボックスで、洋書のような外観をしており、本棚にしまうこともできる。

使用時には本を開く要領で展開するとアコーディオンの蛇腹のように広がり、座面高32センチのスツールに早変わり。頑丈な紙素材でできており、耐荷重は80キロと丈夫。

重さは1.62キロ。価格は3000円(税抜き)。