ブラピの主演最新作は11月公開、1台の戦車でドイツ大軍に挑んだ男たち。

写真拡大

ブラッド・ピット主演の戦争ドラマ超大作「FURY」の邦題が「フューリー」に決定し、日本では11月にKADOKAWA配給で公開される運びとなった。

1945年、第二次世界大戦下。たった1台の戦車で、ドイツの大軍を相手に戦い抜いた5人の男たちがいた――。「フューリー」は“激しい怒り”という意味であると同時に、劇中でブラッド・ピット演じる部隊のリーダー、ウォーダディ―が自分たちの戦車に名づけた名前。映画は1945年のヨーロッパ戦線が舞台となり、敵軍に僅か5人で立ち向かうことになった兵士たちの壮絶な戦いをドラマティックに描き出している。

日本公開決定にあわせて公開された写真には、ブラッド・ピット演じるリーダー、ウォーダディーを中心に、シャイア・ラブーフ(「トランスフォーマー」シリーズ主演)、ローガン・ラーマン(「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」など)、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルという、5人の兵士たちを演じるキャストが顔を揃える。彼らが乗った戦車の砲身には“FURY”のペイントが施され、1台の戦車に乗り込んだ5人の兵士たちを待ち受ける過酷な運命を熱く予感さる一枚だ。

「フューリー」は11月、全国超拡大ロードショー。