ひつじのショーン初の長編映画、日本では2015年夏に劇場公開へ。

写真拡大

クレイアニメ「ひつじのショーン」初の長編映画「ひつじのショーン ザ・ムービー(仮)」が、2015年夏、日本で劇場公開されることがわかった。新宿ピカデリーほか全国の劇場で公開する。

「ひつじのショーン」は、英国アードマン・アニメーションズの制作で、2007年に英BBCで1話約7分のショートアニメとしてシリーズ化。日本では、2008年よりNHK Eテレで放送中だ。ユーモアにあふれたストーリーと、魅力あるキャラクターが人気を博し、さまざまな商品も発売されている。

初の長編映画は、アードマン・アニメーションズと仏大手メディア会社のスタジオ・カナルによる共同製作作品。監督・脚本は、第78回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(2005)の脚本マーク・バートンと、「ひつじのショーン」テレビシリーズ監督のリチャード・スターザックが担当する。

テレビシリーズと同様に、人形を1コマずつ撮影していくストップモーション・アニメーションという手法が使われた大作だ。