地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている

写真拡大

「地球の磁極の反転」が、約2,000年後という従来の予測よりかなり早く起きるかもしれない。最新データによると、地球の磁場は、当初予測された10倍のスピードで弱まっているというのだ。

「地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている」の写真・リンク付きの記事はこちら

欧州宇宙機関(ESA)の報告によると、地球の磁場はこの6カ月間、当初の予測の10倍のスピードで弱まり続けているという。

地球の磁場が発生する理由は、地球の外核にある溶解鉄の対流だと考えられている。この磁場は、地表の上空約600,000kmにまで広がって、太陽から吹き寄せる放射線からわれわれを守ってくれている。地球の高緯度地域で素晴らしいオーロラが見られるのも、地球の磁場のおかげだ。

ESAは2013年11月、地球の磁場の変化を高精度・高詳細に測定することを目指し、3基の人工衛星「SWARM」を打ち上げた。そして、SWARMが返してきた最初のデータによると、地球の磁場は「10年で約5%」というスピードで弱まっているという。

関連記事:地球磁場の高速逆転、証拠発見か

これは、それまで予測されていた「100年で5%」をかなり上回る速さであり、地球の磁極の反転が、約2,000年後という従来の予測よりかなり早く起きるかもしれないことを示唆している。西半球の上空にはすでに、磁場が弱いスポットができ始めている(冒頭の画像の青の部分)。

ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ。

われわれはそれを待つ間、地球の磁場が変動し、磁北が蛇行していくのを見守ることしかできない。磁北は現在、(1年に約64kmというスピードで)シベリア方面に向かっている。

※海洋プレートに記録された古地磁気の研究によって、数万年〜数十万年に1度の頻度でN極とS極が反転していることが知られている

TAG

EarthHeadlineNewsWiredUK