写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドワンゴは、動画サービス「ニコニコ生放送」にて、ホラー映画100作品以上を連夜放送する特別企画「ニコニコホラー百物語2014」を7月19日よりスタートする。

「ニコニコホラー百物語」は、2014年で3回目を迎えるニコニコの夏休み恒例企画。今回は、7月19日から9月7日までの期間、『貞子3D』『アナザー Another』『本当にあった呪いのビデオ』『コワすぎ!』『心霊写真部』など、有名作品からニコニコで話題の作品まで全100作品以上を51日間連続で無料放送する(一部有料放送、プレミアム会員限定放送もあり)。

また、今回は初の試みとして、『悪霊病棟』『呪報2014』『リアル鬼ごっこThe Origin』といったホラードラマの一挙放送や、『ハウス・オブ・ザ・デッド』などゾンビが登場する作品を連日上映する「ゾンビウィーク」、そしてニコニコで人気となった『コワすぎ!』シリーズの白石晃士監督作品を連日上映する「白石晃士監督ウィーク」なども予定。

さらに、オリジナル企画として、怪談師らによる怪談大会がニコファーレにて開催されるほか、日本で初開催となる「オバケン ゾンビキャンプ」への潜入レポート、心霊スポットからの生中継なども実施されるという。放送スケジュールなどの詳細は特集ページまで。

特集企画名:「ニコニコホラー百物語2014」開催期間:7月19日(土)〜9月7日(日)特集ページはこちら